運命を超えた自己創造へ

セッション後のフォローアップ

時空を超えた前世や他の世界からも中心からズレを戻そうとする働きにより色々な問題が起きます。

過去世からの因果について書かせて頂きましたが、日常でも些細な事でそれが起きています。

日常それに気づき正す事で本来の自分自身を生きる助けになります。それは95%の潜在意識(霊の世界)の影響として今現在目の前に現象が現れ見せられるからです。過去世、今世と分けなくとも続いているからです。

ミクロの世界でも無限宇宙でも肉体を持っていても肉体を脱ぎ捨てた後もその法則は働きます。

完全に戻ろうとする法則こそが私は神と感じます。

私が視える姿形のある神、神社仏閣の神はその分け御霊で、私達の御親の様な神様と感じます。

今日はどこかしこに満ち満ちている神

元の元の神と天之御中主神さまが御神託で伝えて下さった神の御働のお話です。

完全なる法則に日々気づき生きる助けになればと思い書かせて頂きました。

私の体験

|

|

20年以上前、サイキック能力が突然開けておかしくなった時に、縁あって初めて内観して自己浄化を習いました。その時一番心に残った教えは「中立」な見方でした。

卒業と同時に今の仕事を始めたのですが、セッションの核になる考えはそのアメリカの先生が教えて下さった事

それは中立に本来の自分(ハイヤーセルフ)を生きるという事でした。

それを私はどこかで真実と分かっていて、中立という事を大切に今日まで真中にいられない(本来の自分自身でいられない)制限を解放してきました。

自分の内側に不要なものを溜め込んでいると世の中を中立に見る事が出来ないのです。クライアントさんを視る時も自分の色眼鏡で中立に視る事ができません。

|

夫と別れてから初めてご縁あって男性とお付き合いする事になりました。

人としては変わっていましたが、今思うと年齢は私よりかなり若かったけれども中立を更に示してくれる導き手でした。

彼が大切に実践していた事は陰陽の法則である真ん中を生きるという事で、この世界はすべて自分が映し出した世界と言う見方でした。

私は中立を実践して来たので、その時はなるほどと思って聞いているだけだったのですが

他の思い出はすっかり忘れても、あれこれ例を挙げて丁寧に話してくれた真ん中意識については最近事あるごとに思い出します。

|

そして書記を始めて具体的なメッセージを受け取り出すと私の中で宇宙真理がある所わかってきました。

http://sumemima.com/?p=10902

↑天之御中主神さまのメッセージと共に見せて下さった〇の中に・の図

まさしく真ん中であり

神と共に生きると言うことは真ん中に立って生きるという中立なのです。

その彼とは週一回営業の仕事の車にも乗り込んで一日中一緒に居たのですが、目に見えるあらゆる出来事を例にあげて話してくれました。

安全に運転するには道路の真ん中を運転しますね。でも左右にブレながらバランスを取っての真ん中です。

当たり前の話ですが、それがブレが大きくなり真ん中から外れると事故になります。

人生も同じで神の道を真っ直ぐ行かなくてもその道を知っていれば、左右にブレては戻しまたすぐ反対にブレては戻してバランスを取りながら生きていけると話していました。

気づかず大きくバランスを崩すと色々な問題が起きて、その事により道から外れた事が分かるようになっています。

コップを持つ手も真ん中のバランスのよい所を持たないと落としてしまいます。

事故も病気も問題も心の苦しみも悪いものではなく真ん中からそれたよ

神の法則である道からそれてますよ

それを教えてくれているのです。

大難は小難になり小難は無難に

そんな時本来の自分自身を生きる人は、ありがたいなぁ神さま助かりましたと

愛を感じ感謝して道に戻ることを即行動するのです。

6BC454F4-2993-41E0-8BAC-505C5F922045

巫女凛はその彼と考えたのですが、巫女の巫も天と地を繋ぐ真ん中の線で左右に

男女、陰陽があります。善悪も真ん中をみつける為にあると思います。

その真ん中の役割と思い巫女凛の呼び名を気に入っています。

興奮する様な喜びを求めると次は鬱のような落ち込みや虚しさ経験します。

真ん中意識は過去にも未来にもなく今現在にあり、そこは制限のない自由と霊が静まった神意識があるのです。

肉体の左右の真ん中は背骨ですが、仙骨が司令塔となって神の意識もあると言われているそうです。

脳の真ん中もそうと思います。そこに意識があると他の存在に乗っ取られません。上に意識が浮かんでいたり上下左右に意識がズレている人は多いです。自分を頭の中心に明晰に保っていないと色々な意識が入り込みます。

体も壊れない様に長く使う為には神から大きく外れないように、真ん中感覚を意識して生きる事が大切と思います。中庸という言葉があり当たり前と思うかも知れませんが、なかなかそれが出来ないのが人間です。

本屋さんに行こうのBlogを書いた時にスピリチュアルな本棚を見てもシンプルでなく、なんとなくごちゃごちゃしたエネルギーで魅力を感じず通り過ぎたのですが、そういった本をただ読んで満足するのではなく

本当に大切な事

それはなんだろう?

ブレて迷ってないだろうか?

そういつも自分自身に問いかける事が大切と思います。

私のBlogも含め情報はご自分の中でピンとくる気づきだけ受け取る事が必要な時代です。

自分自身の神の真はとてもシンプルで普遍的で迷いは勿論微塵もなく完全です。

そして気づきを日々見せてくれます。

神さまの分け御霊の意味で”神我”と書いていますが

“真我”こちらも使われていて真実の我で同じ意味です。この文字も真ん中の我で👍ですね。

|

今日は私の真ん中は?この物事の真ん中は?真ん中の考え方は?ご一緒にそう思って過ごす一日はいかがでしょう♪巫女凛お読みいただきぁㇼゕ̎¨ぃまั︎◡︎ั︎⃛︎*

|

|

因みに今の彼は、俗に言うスピリチュアルは知りませんが不思議と大切な事を知っていて真ん中バランス良好です。見方がユニークで一緒に会話を楽しんでいる魂の友です。

道を見せてくれ外れたら分かるように映してくれる最良の人を宇宙は私の元に送り込んでくれます。

道のりは最初からスムーズではありませんでした。それこそ真ん中にいく為に色々な問題が浮上しました。最愛の人を宇宙にオーダーしたのに投げ出そうとしたくらいです💦それすらすべて完全で、真ん中の穏やかで思いやりのある関係になるにはこっちですよと教えてくれる道なのです。

人との関係性は自分が真ん中から外れると即分かるようになっています。

http://sumemima.com/

2022.5.1

 

以前ホームページトップにご紹介していました詩です。魂の震える神の愛の歌と思い再びご紹介させて頂きます。

 

なぜホームページトップにご紹介させて頂いたのか、最後の2行にすべて込められています✨

 

 

ある無名兵士の詩
A CREED FOR THOSE WHO HAVE SUFFERED
 
「悩める人々への銘」

 
I asked God for strength, that I might achieve
I was made weak, that I might learn humbly to obey…
 
「大きなことを成し遂げるために 強さを与えてほしいと神に求
めたのに 謙遜を学ぶように 弱さを授かった」
 
I asked for health, that I might do greater things
I was given infirmity, that I might do better things…
 
「偉大なことができるようにと 健康を求めたのに
 よりよきことをするようにと 病気を賜った」
 
I asked for riches, that I might be happy
I was given poverty, that I might be wise…
 
「幸せになろうとして 富を求めたのに
 賢明であるようにと 貧困を授かった」
 
I asked for power, that I might have the praise of men
I was given weakness, that I might feel the need of God…
 
「世の人々の称賛を得ようとして 力と成功を求めたのに
 得意にならないようにと 失敗を授かった」
 
I asked for all things, that I might enjoy life
I was given life, that I might enjoy all things…
 
「人生を楽しむために あらゆるものを求めたのに
 あらゆるものをいつくしむために 人生を授かった」
 
I got nothing that I asked for―but everything I had hoped for
Almost despite myself, my unspoken prayers were answered.
I am among all men, most richly blessed!
 
「求めたものは一つとして与えられなかったが 願いはすべて
聞き届けられた 私はもっとも豊かに祝福されたのだ」
 
                  AUTHOR UNKNOWN(作者不詳)
 
この詩は、ニューヨーク大学の壁に掲げられていて、140年前
にアメリカの南北戦争に従軍した南軍の兵士が記したものとい
われている。

すめみまセッションは本当の自分自身、完全な自己(神我)と共に生きる為のお手伝いをさせて頂いております。

セッションは大いなる創造の源のミニチュアである魂を本来の丸い状態、核から外れたものを創造の核に戻していくお手伝いともいえます。

天之御中主の神様は〇の真ん中に・の図で見せてくださいました。

言葉で説明する事が難しいです。なぜなら本来の自分自身は、在るだけの大いなる創造の源からの純粋な意識だからです。

私たちは言葉で説明出来ない普遍的意識であるただ静観するものと2009年のシフト時に突然分かるという形で気づきました。

そして人格を持った神ではなくそれを超えた神その分け御霊が私達であり神我です。その神は私達の中にも外にも死んだ後もどこにでもある完全なる宇宙法則と私は感じました。

実は真実はとてもシンプルなのです。

あなたがあなただと思っている自分は分離を体験する為の個を持つ自分です。その自我を完全に無くすワークではなく、神我を本来の自分と知りそれと共に生き歪み(苦しみ)を正していくワークです。

自我の持つエゴにパワーを明け渡して生き外に依存していた生き方を、自我の自分が神の自分に依存する生き方に変えていく事と言っても良いでしょう。それは神に寄り添う謙虚で素直な心です。

少しイメージしやすい様に別の側面からご説明させて頂きます。

セッションは、神の秩序(宇宙法則)、万物の完全な働き(宇宙法則)に従って戻していくワークと言えます。

時空を越えてため込んだ不要なエネルギーが解放されて本来のパワーが現在に戻ってくる、創造の核(神とも生命とも神我とも言えます)から外れた歪みが正されるそのお手伝いを致します。

それは古神道では

「かんながらたまちはえませ」

神の御心のままに

という意味です。

神道の言葉で説明させていただくと

罪穢れを払い清めるとは 「穢れ」(けがれ)とは「気枯れ」であり、「罪」とは「包み」で、魂を包み隠すという意味です。

つまり「罪、穢れを祓い清める」とは、「魂が魄によって包み隠され、気が枯れてしまった状態から、再び精神が緊張を取り戻して気が蘇える」という意味になり、魂が魄を制する状態にリセットして、精神(かむながら)を健全に保つ手段であることがわかります。

本来私達は罪も穢れもない状態なのです。

また自然と古代から生きてきたシャーマンの考え方では

問題の根本的原因を見つけて、病んでいるものの全体性を宇宙と調和させた本来あるべき姿に回復させます。

宇宙と完璧に調和して母なる大地を歩く生き方となります。

9A8C7B44-6B98-4F3F-8A16-E277F08461F4

ここでの神はみなさん自身の本来の姿としています。

私たちの神我はすべてであると私は考えます。極端な考えでしたら、こうも考えます。すべては創造の源からの分け御霊である神聖な源のエッセンスを持つ御霊(魂、スピリット)と考えることが出来ます。この意識の元にセッションは行われます。

御祈願について

現実的なお望みは、物質世界に近い神仏、スピリットに祈ります。私達も御霊ですから自分を含めた万物の中に神がいるのです。

誤解があるかも知れませんが、物資界に近い形ある神仏(透視で視える姿形)も私の中では神我の一部と考えます。また自然や物に宿る霊すべてそうです。それは私であり友であり兄弟姉妹という考えでおります。(すべて私自身とも言えます。これはシフト時私の意識が拡大した時の感覚ですので上↑の考えの方が理解しやすいと思います)

ですから万物すべてひとつの輪の中で兄弟姉妹なので、すべての流れを信頼しています。

|

神社仏閣は人が作ったものですし、その神に依存し過ぎると宗教になります。

しかしながら、日本では神社仏閣に祈る習慣がまだありますので、ご相談者さまの気づき成長にとって最善と感じた時は、神社仏閣の神さまに御祈願させて頂きます。

それはその方にとって自分である神我よりも、外に形がイメージできた方がスムーズな変化に最善と考えた時です。その方が素直さ感謝、謙虚な心になれる近道と感じた時です。私も神社でご奉仕した身でありますし、日本の神さまに御縁が深いです。その為にすめみま社という遊びを用意してみました。

実はその場合の神も私やみなさんの神我でもあります。万物すべては全体の中で友であり兄弟姉妹なので八百万の神であるそこに御祈願しています。

一時すべては私という意識の目醒めが訪れた時にセッションルームにある神棚を無くしました。現在も変わりませんが今はこの世に映しとして神棚がセッションルームにございます。

パワーを明け渡すのでは無く感謝と敬いの心と共に目に見える形でお陰さまの神である八百万の神としてお祀りしております。

その時の祈りは純粋に愛と感謝を持って祈るのです。そして自覚し覚悟する事が必要です。自覚は自分が覚める、覚悟は覚めて悟と書きます。

祈りは決意でもあります。字の如くしっかりした意識の上決断するのです。

祈るの語源は(意に乗る)(意に宣る)

・意乗りとは神様の意に乗る神様は何を望んでいらっしゃるかをいつも考える

・意宣りとは神様の意にそう思いを宣言する決意固めその現実に向けて行動する

祈ったなら自分自身もそれに相応しく変わらなければならないと思います。

神に祈ったにも関わらず、信頼せず何度も何度も祈ったり、同じ事を悲観して元の木阿弥に戻るような生き方では、その繰り返しの迷いの人生を歩むしかないのではないでしょうか?魂は何度も完全な創造の核のバランスに戻ろうとしますから因果の禊ぎが起こり、同じ事が繰り返し起こります。

創造は中立な法則の中にあります。ですから歪んだもの調和を欠いたものは完全な創造に戻ろうとします。歪みが現実に現れたらそれに気づき手放していく必要があります。

基本的には、魂の軸が創造の源と合った状態を生きる時、外側の現実が変わると言う考え方です(内側が外側を映します)

万物すべてに行き渡る神である創造の源(真ん中)に戻ろうとする力、そこから誰も逃れる事は出来ないのです。ですから歪んだもの調和を欠いたものは法則から外れた事を教えてくれます。それが病気や問題です。愛と感謝の意識(創造の核の意識)で生き手放していく必要があります。

この現実がどうであれ感謝する意識です。感謝は感じて謝ると書きます。神から外れた生き方をした事を神さまに申し訳なく謝りたい気持ちが自然と湧くそれが感謝です。自分に都合の良い事が起こった時だけの感謝は本当の感謝ではないと思います。

御祈願は自我の望みの通りではないかも知れません。創造の源の完全なバランスそれは愛と感謝でそこに導かれます。

大いなる源のミニチュアである魂の純粋な核にアクセスすると必ず愛と感謝のエネルギーと言葉が聞こえてくる事から分かりました。

|

|

自我である人間の私は長いあいだ分離を手放してきましたが、まだまだ未熟でその旅の途中です。肉体がある以上ここで色々な思いもみなさんと同様に体験しています。

私自身も日々解放され一瞬々留まる事なくエネルギーが変化しております。それに伴いホームページ内容も随時更新中です。

しかしながら文才と簡素にまとめる能力が私にはありませんので(今回も長くなり申し訳ございません)なかなか現在のセッション状態を正確に表現できません。

セッション自体にすべてが含まれます。

私は教師ではないので、教えているのではありません。神我と共に体験して感じた事を分かち合いたいというおもいで書かせて頂いています。

みなさんの神我がちょうどの時に完全に導いてくれるでしょう。

ホームページはほんの助けとさせて頂きます。

セッションやBlogでは、ご相談者の今の状態、変化成長に合わせて色々な次元からお話しさせて頂きます。

合わせてご覧ください↓

http://sumemima.com/?p=10902

魄↓

https://kotobank.jp/word/%E9%AD%84-600028

2022.1.22改正済み (大切なメッセージなので良い表現が閃く度改正させて頂きます)

御神酒についてはセッション開始メールでお知らせしておりますが、分かりにくい様でこちらにも記載させて頂きます。

こちらは神さまへの感謝の気持ちを御神酒で奏上されたい方へのものです👍✨

具体的、現実的な願いは、物質世界へ直接の働きかけをして下さる形ある神仏の御力の御助力を御祈願にて頂いております。

セッションで御祈願致しましょうと申し上げた場合は、御祈願時と叶った時(現実的希望成就でなくとも)2回お願い致します。神様に祈りますので私にもお知らせください。

御働きへの御礼の御神酒となります。

こちらにお送り戴かずともご自宅から御供えする事が出来ます。

大変御喜びになります。

2E9FACFF-D469-4CFD-A259-AD3360B9EF94

(セッション後のご参考神々さまへの感謝の形)

この世界(宇宙)は目に見えない愛の氣が遍満しています。

人間も自然も氣であり神、宇宙ではありますが、古代より見えない愛の氣を神と呼び、日々感謝を捧げています。

御神酒を感謝の気持ちとして捧げ物とする慣わしは昔より続いています。

目に見える形で感謝する事でセッション後に意識的気づきを受け取る助けになると思いました。

お心に従いなさってみて下さい。

|

清潔なテーブルや出窓などにお供えします。

すめみまセッションに意識を合わせます。

変化を感じ感謝の気持ちを奏上されて下さい。

御神酒の大きさは決まっておりません。お心に従ってください。

蓋もそのままで構いません。

翌日、神さまのお下がりは飲酒やお料理、お風呂やお清めにお使いください。

良き変化がございましたらお知らせ下さい

写真…333セッションと同じ数のおめでたい御神酒を2022年お正月にクライアントさんがお供えくださいました。創業333年の仁勇。たくさんの福が招かれます様にお配りさせて頂きます✨

春日大社の御神酒濁酒、巫女修行で頂きます。素朴な焼きものの壺も趣があります。

御祈願についてのBlog↓

http://sumemima.com/?p=10341

今日もお陰さまのお働き受け取ってみなさまの想いも受け取ってとってもパワフルです🙏❣️

ある方と出会って浮き出た過去世の混濁意識

27日夜に出逢いその日の夜に解放しましたから今日は2913時まる一日半解放状態だったみたいです。

Blog↓

http://sumemima.com/?p=10157

解放の次の日スッキリと思いましたが、まだ自動浄化中でした。

まだ奥が深いぞ

そう思ってその日にコアまで解放を更にしました。

みなさんでしたらそこまでする必要はないと思います。

また出た時に解放するのが効率よいのです。

人様の解放をさせて頂く側なので、やはり大きいものは深くまで掘って影響ないよう解放しています。

|

エネルギーの側面から氣のままに書いてみます✨

更にDVの上バラバラ殺人なので何かのきっかけで画像がオーラに浮き出ると引き寄せが起こるからという理由もありました。

事件に巻き込まれる方は、その方は良い人でもこう言った因果のエネルギーがオーラの全面に出ているので引き寄せるのだと思います。

その前に何か上手くいかない、疲れていたり、イライラしたり分かりませんが神様からお知らせが来ているはずと思います。

心を整えなさいと

事件に巻き込まれるまではなくても、他の人から粗末に扱われたり

結構同じパターンを繰り返す場合は、エネルギーでの影響がある事が多いのです。

|

大きな闇を解放した場合、好転反応で辛くなる事があります。

みなさん、エネルギーの影響って思ったより膨大な量なのです。

酷い状態でお申込みの場合は、最低一週間は死んだ様に寝ていて頂く事もございます。

時空を越えた膿も出しています。当たり前ではないでしょうか?

|

私が一番初めにヒーリングを習った時は、画像を簡単に浄化する手法でした。それですとまた浮き出ます。

でも好転反応はないので癒しを感じるのも早いのかもしれません。

しかし精神の病はそれだけでは改善しません。ある時から手法は役に立たなくなり、だんだん深い解放をする方向に自然となりました。

私が行っているのではないので、絶対治るなどと奢る事は出来ませんが、

深い解放、それだけのリスクもちゃんと受け入れていただけたらと思います。

深く解放していても心の病は何度もセッションが必要な場合ございます。

B859B7E7-F633-43C7-81B1-51E02318D7D7

私自身、自分で大きな闇の解放をしてみて

何というか時空を超えた過去に置き去りにしたパワーがまた更に戻ってきた実感で喜びと共に書かずにはいられませんでした😆💓

パーティーで出会った過去世因果の方に

よくぞ出会ってくださいましたと感謝でいっぱいです🙏✨

|

魂は軽くなりたい

解放されたい

セッションを受けなくても

今世は仲良くしたいと魂は思うのです❣️

癒されたい関係は

引き寄せあう

神様がまごうことなく確実にご縁結びくださるのです👍✨

それは神さまからのプレゼント🎁💞

|

お読み頂きぁㇼゕ̎¨ぃまั︎◡︎ั︎⃛︎*感謝✨巫女凛💗

お写真八百万の神さまにお供えさせて頂きました。いつもいつも感謝致します🙏

*Blogは恐れさせる為ではなく、例えばお医者さまでも専門家の視点から病について書きます様に、私もそれと同じでエネルギーの側面から書かせて頂いております。恐れたり不安になってしまう場合は読まない事をお勧めしております。恐れの問題でお申込みの方が多いので、この様な事もデリケートに書く事が出来たら良いのですが、そうするとよくわからない文になってしまいます。その為にわざわざ前置きしたり理屈っぽく記載しなければならないのです。

いつも記載する訳にもいかず閃いた時に多分必要なのだと思い記載させて頂いております。🙏✨

2021.11.29

『好転反応と病に対する見方』に重複しますがもう一度書いているという事は、すめみまセッションのシンプルな真髄です。

セッションこれは本来の生き方に戻る為、長い人生を歩む為のほんの助けです。

今まで過去に溜め込んだ神から離れた想念を準備が整ったものから解放し、今の瞬間、瞬間を神と共に生きる助けです。

過去を解放しその過去の烙印から自由になる

過去を解放し過去のエネルギー(パワー)を今に取り戻す

とも言えます。

生き方(日々の考え方)が変わらなければまた病氣の元を作ります。

過去はおしまいです。今からそれは出来ます。

自然の摂理、宇宙の法則、神の秩序

表現は色々ありますが、神の秩序から外れてしまった生き方をした私たちは病を作ってしまいました。

悩みも問題も氣が本来あるべき流れではなくなった状態ですから、ここでは一括りに病氣と捉えます。

心身の健康の為、根源的神の力(生命エネルギー)が流れ込んでこなければなりません

生き生きと真に生きる為に

その為の手引きを受け取りここに記載させて頂きます。後はBlogに日々メッセージを載せております。

健全な精神は健全な肉体を作ります。

例えば

人の噂話をしない

人の批判をし始めたら、自分の生き方に注意を向ける事です。

自分自身の面倒を見ないで人の事を言えるはずがありません。

悪い思いは追い出さなければなりません。

人の事はそっとしておき口を慎みなさい。

悪魔の囁きとはそういった心の事です。

すべての苦悩、心配を捨て去りましょう。

気に病む事は既に病気です。

気の迷いで道を踏み外さないようにしましょう。真ん中の意識に気づいたら戻しましょう。

神の秩序と違った悪いものがたくさんある所に神のエネルギーは流れ込んできません。

(悪いものとは、神の秩序と違うものすべてをここでは指します)

私たちは食べ物や飲み物だけで生きているわけではありません。神からの生命エネルギーにより生かされているのです。

無防備に作り出した悪い思いでいっぱいになると、生命は枯渇して病になります。  

神から遠のけば遠のくほど生命力はなくなっていきます。

あらゆる所に悪いものはありますからそこから遠のく事です。

神もあらゆる所、宇宙全体に満ちています。そちらを選びましょう。

悪い思いは人間である以上恐れから浮かんできます。ですからそれに気づいたら、

それを取り入れるのか排除するのかはっきりさせる事です。

そして排除するなら神に預けてしまいましょう。

神なら悪い思いをどんな思いに変えるでしょう。

心に問うてみましょう。

悪い思いにしがみつかず捨ててしまう事です。

(六根清浄大祓祝詞が助けになりますBloghttp://sumemima.com/?p=5817)

悪い思いを掴んで自分のものにする度に生命力はなくなっていきます。

人間は悪い思いを普通の思いだと単に慣れてしまいました。その為に病気も普通になってしまいました。

先ずは心ですが、体にもいつも注意を払うことです。

体を動かし働いているか 体は動かす為にあります。

充分に休んでいるか

無理をしていないか

どこか痛い所はないか

なぜ痛いのか、不具合なのか

同情されたいか

病気の事ばかり考えて病気が血と肉になっていないか

など

病気の人が病気を握りしめる事をやめて、恐れでなく愛(平安)を選択するなら、神は傍にいて生命エネルギーは流れ込む事が出来るでしょう。求めて下さい。

✨✨✨

内なる神と共に書いてみました。

私も皆さんと同じ人間ですから、気の迷いもあります。

出来ているから書いているのではなく皆さんと同じなので書いているのです。

違いがあるとしたら、自分は不完全だから完全な神さま(神なる自己含むすべての法則)に導いてもらっているという意識がある事です。

神さまに頼っている、神さまに素直に従おうとしています。

迷いは自分のものにする前に、サッサと神さまに預けてしまいます。

そして悩んでいないで行動もします。

ちょっと重い腰を上げても閃いた時がやりどき

心配している間にはっきりさせる。はっきり出来ない事は掴まず氣(気持ち)を入れずそっとしておく。

現実的に出来る事は後回しにしないようにしています。出来ない事は掴まずに氣(気持ち)を入れずそっとしておく。

悪い思いに気付いても自分のものとして握りしめて責めたり罪悪感に苛まれないで下さい。

これも心の中の悪魔の囁きです。自分を責める事で、それで良い人になったつもりで安心しないように。

後悔や責めるのではなく気づき改め手放すのです。

日々神の秩序から離れた思いに気づくようにご一緒にしていきましょう。

そして内なる神に手伝ってもらいましょう。

悪い思いと闘ってなんとかしようと一生懸命になりすぎないで。掴まなければ良いのです。

脳もだんだん変わってきます。

ガラクタな思考が少なくなってきたり、人の事を気にしたり葛藤したりそういう事は面倒(考えが続かなく)になってシンプルになってきました。

よくクライアントさんが、お悩みを私に言おうとしていざ話そうとして忘れてしまうのも神の世界にはないからです。

複雑な問題についてのリーディングが出来なくなったのも、その問題に関する葛藤は神の(意志)世界にないからよく分からなくなったのです。

人間に依存するのではなく、神さまに依存しましょう。

いつも

色々な悪が入り込む隙を与えないように

内から外から放射される生命エネルギーの受信者でいられるように自分自身をきちんと調整する必要があります。

受信者は信じて受け取る者。ぴったりの言葉です。

片手で神を握りもう片手で悪いものを握る事は出来ません。この事だけは仕方ない例外で目をつぶろう、、中途半端はないのです。執着してしがみつかないで。

神の思考か悪の思考か

葛藤か平安か

それは病気か健康かです。

それしかないのです。

囚われた考えは掴まないで捨ててしまいましょう。

神はいつも変わらぬ法則

愛であり平安です。

私たちも心が安らかであったかい考え方思いを選ぶ事です。

無垢な子どものように神と共に囚われなくあっけらかんと生きられたら良いですが

離れ過ぎた私たちは、もう一度頑になった心の扉を開き神さまを迎え入れましょう。

🍀神という言葉に抵抗があるなら、心の中の善の声と言いましょう。

私たちは内なる神が内在しています。

その為に深い所で法則(真実)を知っています。

(悪は神から離れた思いと言う意味でここでは使っています)

すめみま🌟

sumemima.com

まとまりなく長文で申し訳ございません。心に浮かぶままに書いております。

 

 

目に見えない世界について言葉でお伝えする事はとても難しいです。まったく違った意味に取り違えてしまう事もあるからです。

ハートからお読み下さい。極端に思える言葉や言い回しもございますが、思い込みを外す考え方のヒントです。

|

とても長いですがセッション後の痛みや病の方に向けてだけではなく思考を変える助けになると信じて、お受けになる方すべてに思うがままに書いてみました。気づきがある都度改正致します。

♡部分に好転反応具体例もお載せしております。すべてお読みになり同意の上お申込みをお願い致します。

長文ですが一番下までお読みくださいませ。

*病についての記載があり私が病を治すと勘違いされるかも知れませんが、そうではありません。病が改善したとしたら、手放す準備の整った不要なエネルギーを解放し本来の自分自身に向かう上でのあくまで結果です。

✨✨✨

理屈抜きにあなたは癒されるのです。

なぜならあなたが望み私があなたをそのように見るからです。

あなたの本当の姿(神なる自己)は平和で悦びに満ちて完全に神聖な存在です。

〜〜〜メール紹介(怒りの溜め込み 腸炎発熱下痢)

すめみまさん
おはようございます。遠隔セッション開始連絡をありがとうございました。

セッションを申し込みさせていただいてから、何か喜びに満たされ怒りをためる器が広がったのか、心が踊るというのでしょうか。
以前、夢中になっていたオペラなカルメンや乾杯の歌など鼻唄まじりに踊りたくなってみたりと、心も体も踊りたがってます。
楽しさを全身で表現している感じです。

セッションとても楽しみです。
どうぞよろしくお願いいたします。

〜〜〜

先ずはじめにお願いがあります。

病気を追い払うべき敵としてみないで下さい。

それは恐れからくる考えだからです。

この世界では、恐れは無限にあり戦う程に大きくなるものです。

病気も含めてあなたのすべてを愛して下さい。病気も問題も福音となる事もあるのです。

その気づきの助けになると思い、ホームページトップに「ある兵士の祈り」をお載せしております。

http://sumemima.com/?p=11005

病の原因は現世だけではありません。時空を越えたエネルギーフィールドの中に重く深く根ざすものもあります。それは幼子の病を含め、自分の努力で意識を変えようとしてもどうにもならないものもあります。

こういったものが心や肉体の病の引き金になることもありますが、過去世も今世も区別はなく病はあなたへのメッセージであり本来の自分自身に戻ろうとする浄化作用であり清算です。

私も含め絶対に病気にならないとは誰も言えません。

ですから偏った原因を見つけて自分を責める材料にはしないで下さい。

誰もがかかりうるもので気づきの指針、神の秩序あるべき姿に戻ろうとする働きでありあるべき姿を思い出す福音と捉えましょう。

そして自分を愛し病気もエゴも含め大いなる流れの中では、今の自分のままで完全だと先ずは今の自分を受け入れてあげる事が一番大切です。

すべての病はもともとは時空を越えたものも含め人間の心が作り出したものです。

ある側面を解放すれば病気が即良くなるという簡単なものではない事が多いです。エネルギーの問題(神から離れた心)が沢山絡み合って現れるのが病なのです。

 

霊が真理(神とも言います)から離れた結果が病です。

その為に意識の持ち方を変える事が大きな力になります。現世だけではない原因だとしてもその指針は現実世界にそして心に必ず現れます。

 

善き思いでいるなら神さまと繋がっています。神さまを想ってごらんなさい。あたたかな愛しみと喜びです。神は善であり恐れや不安ではありません。

もっと言うと良い悪いではなく神はただ在る愛です。

セッションでは私は電話機の様にみなさんと神さまとの繋がりを保っています。

セッションが終わっても善き思いで安心していて下さい。
みなさんが善き思いでいる内は神さまとの繋がりは保たれみなさんは病気や問題があっても感謝の中で幸せでいられます。

しかし心は恐れと隣り合わせです。

頑張るほどに病気を刷り込んでしまう事もあります。頑張りすぎないで恐れ不安が出たら、それに気づいて客観的にみることで恐れそのものになるのを防ぐ助けになります。

素晴らしい事に、セッションを受けている事を知らない病気の方さえも定期的に淡々と受ける事で気づき学びの思考に自然と導かれるというご報告があります。

神は思考にも働きかけるのです。

受けているのにまだ良くならないまだ良くならないと頑張りすぎて葛藤する事は一番良くないのです。逆に病に力を与えてしまいます。神我を信頼するあたたかな心が根本的な間違いを正す事になります。

即座に治癒される場合もありますが、これはあくまで結果です。セッションは病気治療ではありません。先ずは心、霊が正されなければなりません。

宇宙の(神我からの)純粋無垢な生命(神)を信頼して委ねるのです。

このエネルギーは私たちはこれほどまでに美しく清らかで愛に満ちて完全な存在だと思い出させてくれます。

そしてダメな自分、良い自分と思い込んでいるエゴの自分も含めすべてを受容してくれるかのようです。

なぜなら神のエネルギーは純粋な愛そもので、そこには裁きもあなたを判断するものもないからです。

すべての細胞、エネルギー体そして思考にまで深く染み通り秩序の狂ったものを修復していきます。

言い方を変えれば肉体は単に本来の神聖な姿に認識されるのです。

長年の狂いが正されることは受け手の長年の思い込みによる意識パターンも作用し、簡単ではない事もあります。セッション中に強力な痛みを伴う事もあります。

痛みを経験していても、神の世界ではもうすでに完全な姿をみています。

なぜなら普遍的で完全しかない世界からの働きだからです。

しかしこの物質世界は時間もあり重く動きにくい肉体もあります。

良くなるためには時間がかかる、何かをしなければならない、または不治の病だなどと言う集合的な思い込みもあります。

その人個人の長年の積み重ねた不要なエネルギー、信念思い込みもあります。

このように色々な思い込みで痛みが長く出たりあまり効果が現れないかのようにみえる場合もあります。また死を無意識に選ぶ事もあるかも知れません。

そういった状態でも変わらずに私自身は変圧器に専念し神聖な力を信じます。そして結果は手放し起こるに任せ、思い込みや効果を気にしたりする事をしないようにしています。

セッションを受けている事を知らない車椅子のご老人が、セッション後に突然立ち上がり数歩歩いたそうです。その時ご本人も驚いたのですが、その場にいたお医者さまも驚いて大きな声で転んだら骨折すると止めたそうです。その方はその後は絶対に歩こうとはしませんでした。

この時に周囲の人達があなたは歩けるようになりましたねと許可を与えていたら、癒しはスムーズに働いたでしょう。

好転反応の痛みを体験しているにも関わらず、神の世界では痛みは実際にはもうなくなっているのです。

幻影の世界においては、時が経過しなければならないかも知れません。

そのエネルギーは受け手の意識がそれを許し受け入れる時までいつまででも待ちます。

好転反応による痛みはほとんどの方はあまり感じないかワーク中で終わります。

痛みは溜め込んだものが出てそれを感じています。

かなりご高齢の方が最初は点滴を受けるほどに好転反応が出ましたが数回でそれはしなくてもよくなりました。

痛みが出るという事はあるところ痛みの病が潜伏しています。溜め込んだ苦しみが多いほど精算の働きは長いです。

これが禊がれているのです。時空を超えた罪穢れを元の魂の輝きに戻そうとしてくださる神の恩恵です。

私の両親も80代〜90代ですが、セッション後も問題なく元気でおります。

集中治療室など重病の方は特に強力に行われ復活される例が多いのですが、重病であるが故に好転反応にも気づかない状態です。好転反応を恐れないで下さい。

💛💛💛

好転反応(禊ぎ状態)…

ここでは相応しい言葉がない為好転反応と呼びますが、潜伏する病のエネルギーを解放する為に神の働きかけが続いている為の反応ですが、保有している不要な荒い低波動エネルギーを解放しようと働く為に嫌な状態が出るものです。

(セッションの好転反応は病の方や相当な溜め込みがある場合以外は、ほとんどの方がセッション中に消えてしまいます)

“セッション時セッション後直ぐに出るものが好転反応”でそれは消えていくものです。

痛みは溜め込んだ心の痛みでありいつかは肉体に病として出てくるものです。しかしセッション中に痛みが出ない方は、それが無いと言う訳ではありません。

解放には流れがあり最初に出し、その後はその残りを神が解放してくださいます。私が意識を合わせていない為ゆっくりになりますが、痛みの場所は移動しても新たに痛みを引き出す事はないです。数週間、数ヶ月続く場合もあります。

その為セッション後しばらく経ってから新たに出た痛みを好転反応の痛みでしょうか?というご質問がありましたがそれは解放したものとは違います。

*現在セッション後のご質問は受付けておりません。あまりに酷い痛みは電話セッションで対応致します。精神疾患の場合や大変そうと判断した方はセッション後の状態をご報告頂きフォローしております。

セッション前からの痛みは別で好転反応ではありません
一回のセッションで消える場合もあり、何度か受けていくうちに消える場合もあります。またセッションでは治らない生活習慣によるものかも知れません。

先日あるお医者さまはセッション後のメールで簡潔な表現をされました。

「二日酔より酷い!しかしこれが抜けると今まで知らずに背負っていた重石が背中から下ろされた様に心と体が軽くなった」

お申込みからエネルギーは働きます。

*すめみまセッションは表面を癒すヒーリングではなく、かなり深く大量に行います。その為に1〜2週間からそれ以上浄化が続く場合もあり反応が出る事もあります。

大手術後は一週間程は絶対安静となりますね。エネルギー解放もエネルギーの世界ではそれと変わらない程の変化が起こっています。エネルギーが拡大し高次元の自己から大量の高波動な光が入ってきます。大手術の様な事も行われるかもしれません。

初めて受ける方や大きな解放後の頭痛やだるさ眠気くらいは当たり前のことです。ゆっくり休んでスムーズに調整される様にして下さい。

💛💛💛

好転反応の状態…

♡頭痛、船酔い状態、インフルエンザの症状などに似ています。大体のご説明ですが、以下に例をお載せします。

♡痛み…セッション中からセッション後すぐ起こる痛みは長年溜め込んだものが解放により出ています。より強い痛みが出る場合もありますが、いつのまにかなくなります。痛みの場所が移動したりします。これは解放が続いている証拠ですからご安心ください。

元々ある痛みの問題は何度か受ける必要があるかも知れません。

以下は痛みの例です。”すべて荒い低波動のエネルギーが出ていく過程で起こるもので神のエネルギーだけの場合は精妙で気持ちの良いものです”

・首の痛み…不要なエネルギーが上から出るのに通るのに首の回路を通る場合です。

・鳩尾周辺や腹の痛み…解放されています。高波動の為に熱や痛みの様に感じたりもするかも知れませんが、不要な痛みを解放する為です。長期続く事もありますが耐えられないほどではありません。

・腰の痛み…張り付いたように感じる場合も。感情の溜め込みを解放しています。しばらくはゆっくり身体を動かして下さい。無理をするとギックリ腰の様になります!年をとってから出たら大変です。ありがたいと思いましょう。(解放したからと言ってもう腰が痛くならないとは言えません。しばらくしてその奥が出る場合も)

・頭痛…頭の回路の詰まりを掃除しているか、不要なエネルギーが解放されるのに通る為です。眉間や頭上にも大きなエネルギーセンターがあります。

・目の芯や奥歯の痛み…不要なエネルギーが通過する回路と重なっています。我慢出来なければ痛み止めはお飲み頂いて大丈夫です。

♡船酔いの様な状態…エネルギーの働きかけが続く為ぐるぐるしたり揺れます。胸や胃、腹辺りにもエネルギーセンターがあり解放中は不要なエネルギーが出る為に痛みや気持ち悪さ吐き気がする事もあります。

♡貧血…吐き気がして血の気が引く場合は大きな恐れのエネルギーが出ています。すぐに休んでください。

♡発熱…不要なものの燃焼など

♡インフルエンザの様な状態…エネルギーの回路のブロックが解放されて、あまりに高波動のエネルギーが流れ込み焼け付くような感覚がします。

♡鬱々した暗い気持ち自滅的な思い…不要な感情エネルギーの解放、重大な決断は抜けてからにしましょう。

♡眠気…寝ても寝ても眠い、不要なエネルギーが大量に解放されています。溜め込んでいるほど眠くなります。よく休んで下さい。

♡夢を見る…不要なエネルギー解放中には昔の知り合いや悪夢を見る事もあります。

♡関係性の解放後にお互い関係が悪くなったかの様な葛藤…浄化中と思い感情にお互い振り回されないことが大切です。

*大量に恐れが出ると稀に下痢や吐気そしてゲップが出ます(一見健康でも普段ゲップばかり出る方は不要なエネルギーを相当溜めています)

*初めてお受けになる方はご心配でしたら2.3日様子を見てから5日以内にメールで症状をお知らせ下さい。

その後は電話セッションをお申込み下さい。

*好転反応だと思っていたら病気と重なっていたという事もあるかも知れません。こちらでは病気診断は分かりませんので、責任は取れません。他のヒーラーの話ですが、下痢が続いて浄化と思っていたら免疫性疾患でした。おかしいと思ったら病院で診断をお勧めいたします。そのことについて責任はない為、責任を持ってご自分の判断でお願い致します。

 

*重病の方でも回復される事のあるエネルギーです。セッションでご病気になる事はございません。

好転反応と言っておりますが、神が残りをまだ行って下さるのです。とってもありがたい事です。

私はいつもエネルギーフィールドは浄化解放状態です。回路がしっかりしていますので痛みや眠気などはありませんが、休む事なくこの様な解放状態です。

私には皆さんのその状態を判断する事は出来ません。意識的には好転反応がでないようスッキリ終わるようには考えてはいますが、神にすべては任せています。治癒が必要な場合は辛い期間数ヶ月続く事もございます。

ただその流れを信じて受け入れています。お受けになる方も動揺せずに信じ受け入れ流れに制限を与えない事がスムーズな変容を助けます。そして自分に優しく新鮮なものを食べてよく休んで下さい。

〜〜

自己否定や恐れ罪悪感、偽りなど神から離れた心が病を作る事を忘れないで下さい。

恐れが出たら恐れにまわされず、恐れが出ているなこの恐れは何を恐れているのかなと気づいて下さい。感情に翻弄されて返って作り出すことは避けて客観的にいる事が特に大切です。

掴んでそのものにならなければ流れる雲の様に想いは消えていきます。

セッションをお申込みになったら、自分でこのような苦しみを作ってしまったかも知れませんが良い悪いという判断はしないで下さい。

すべて過程であり、完全なあなたの一部なのです。

不要なエネルギーを手放し本来の気持ちの良い状態に戻る過程また気づきなどの過程なのだと信頼する事が大切です。

長年の病の方は特に、病の状態が普通の状態だと肉体意識も信じていて動きにくくなっています。

セッションは本来の姿はこれですよ!戻れますよ

そういった働きをしますから、できる事なら受け手も参加する事をお勧めいたします。

その理由からご病気の方は遠隔セッションの日時を指定したものもお勧め致します。

自ら作った状態、特にご病気の場合は一緒にご本人の意識も参加する事により早く結果が出る様ですが、セッションを知らない方も充分奇跡的な治癒例がありますから本当の所はわたしも分かりません。

神のエネルギーは即座にバランスを崩した場所に働き本来の姿を認識させます。

セッション中はゆったり座り掌を上に膝の上にのせて、ただ体の内側に意識を集中します。ムズムズしたりする微かなエネルギーの動きを見つけ集中すると良いです(他のエネルギーワークをしている方がセッション中にご自分でエネルギーを流したりなさる事があります。それは解放の制限になってしまいます。)

その事で“今の瞬間”にいる状態に近い状態になります。今の瞬間にいる状態は神から離れた状態から神がいる状態になります。

その時に痛みを生じた場合はそれに意識を持っていってみてください。

(お母さんに連れられていらした小学生は見た目は健康でしたが、セッション中我慢できない痛みが左半身に出ました。子供であっても病気でなくとも秩序の狂った場所に作用します。)

その状態の時の意識が特に大切です。
もう既に肉体は本来の健康な姿に戻ろうとしている状態なのに「痛みがまた出てしまった」「やっぱり治らないのだ。お医者さんもそう仰ったし」などと思ったらどうでしょうか?

本来の姿に戻ろうとしている肉体を信頼していない状態をまた何度も刷り込む事になります。

強いては健康が本来の姿だと信頼していない事になります。

病を掴まないで下さい。
あなたが掴んで離さないものを神は無理やり持ち去る事は出来ません。

思いを閉じ込めて「こんな事を思っちゃいけない」と抑え付けるのではなく、気づいて客観的にみてそんな自分も判断せずにそれも含めてただ完全だと知って下さい。

病気すらもあなたのパワーの一部です。本来のあなたを正直に表現出来なかったパワーです。

もうお願いしたのだから「この痛みが出たという事はエネルギーがしっかり働いて本来在るべき姿に戻ろうと身体はしているのだ。」もしくはもっと積極的な思考は「もう既に癒された。過去の症状だ」それが長くともそう思い淡々と受ける事が大切かも知れません。

肉体がその現実に向かう助けになります。

日常でも病を固定させる意識を手放す事が大切です。

私は○○の病気だから…
もうこの歳だから…
病のコラムを食い入る様にみる

この病は私の変え難い現実です!一日に何度宇宙に提示していませんか?

ご家族も同じです。
○○は弱いから…○○の体心配だわ…など

病気に力を与える見方をする代わりにその方の生命の輝き、心の強さや愛、穏やかさや明るさをみることによってその現実が真実となります。

健康でないと思っているのに、“健康だ”と無理に思うと逆に恐れが出てます。

病気ではない健康だと思えば思うほど病気だと強く思う事になります。それでは逆効果です。

そうではなく健康⇔病気を越えたその方の本来の神の資質をみるのです。

私は20代の頃、治療では治らない難病の時でも家族が病人扱いしませんでした。いつの間にか免疫が出来て治ってしまいました。

“私達は愛の存在なのです。自分を受け入れて愛して下さい。不安になったら、あなたの中のハートの愛に意識を合わせて感じて下さい。それは内なる神のまたあなたの本質の領域です。信頼して明け渡して下さい。”

受ける方にセッションの事をお話しない場合もお申込み者がその様にその方の真実の姿をみて下さい。

セッションエネルギーはセッションを受けている事を知らない方ににも同じ様に働きます。

その場合はお申込み者が受け手の良き変化に気づいてそこを見る事によって光を当てて下さい。本来の姿に変わりつつある事を信頼して下さい。

このように書くとあまりに現実的でないと思われるかも知れませんので追加説明させて下さい。

きちんと今の病の状態は受け入れますが、病気を掴みそれそのものになって苦しまない事が大切だと申し上げているのです。

病院で治療をする事も全く否定していません。わたしは病気の事はわかりませんので、診断はきちんと病院でなさって下さい。治療を決めたなら、お医者さまも治療法もすべて信じて治療する事です。

そこに疑い苦しみの葛藤を入れない事が大切なのです。治療も薬も必要ない段階になれば、そういった思考が神からやってきます。

不治の病と言われているものが定期的に受ける事で治癒してしまう例がいくつもあります。

そういった皆さまからご報告頂いたいくつもの体験と神への絶対的な信頼から申し上げているのです。

こう言った事を受け手が何も知らなくてもセッションエネルギーは変わりません。

私は道具なので、私を信頼するのではなくご自分の肉体を神我を信頼して下さい。

私たちはもともと純真無垢で完全な状態で存在しているのです。

好転反応の時期はとても神聖な時となるでしょう。

なぜなら神を信頼する時間だからです。

その間、長くエネルギーが働いているのだと思います。
長年病が現実と固定した肉体には継続をお勧めいたします。

生命エネルギーは宇宙に遍満していますが、今の人間は色々な思いで充分受け取れなくなっています。

 

「受けた方がよいですか?」とご質問なさる方もおられますが、ご自分でお決め下さい。

生命エネルギー(若さと健康そして治癒のエネルギー)は疑いようもなく癒しますからできるだけ長く継続する事は良き事以外ありませんが、私が決める事はできません。

長年セッションを行なわせて頂く内に定期的に受けていらっしゃる方からいつの間にか健康になったとご報告は寄せられています。

(一回で嘘のようになくなる場合も多くあります)

今まで溜め込んだ想念などを解放していますが、先が見えない場合もあります。井戸掘りの様にいつ水が出るか分からないほどの状態なのです。難病や精神病は特に効果が長い間目に見えて出ない事もあります。

しかし突然コインの裏が表になる時が来るのです。

確かに治癒には時間がかかる場合も多いですが、病気改善だけに拘るのではなく毎日の発見気づきなどを楽しんでください。

それは恐れの思考を増強する事を少なくする助けにもなるかも知れません。

絶対に完治すると保証している訳ではありません。何度も書かせて頂いておりますが、治療師ではありません。

病が良くなったなら、不要なエネルギーを解放し本来の周波数に戻ろうとする過程のあくまで結果です。

今までの思い込みや疑いなど準備が整っていない方もいらっしゃいます。無意識に治りたくない場合もよくあります。神の善の心に変わり神と調和することしか健康の道はありません。病は時空を越えた心からきています。また寿命も変えられません。しかし私自身は良くなってくると信じております。

(この様な理由から痴呆症、精神疾患は素直な治癒が難しかったり、溜め込みの量は相当なものですから相当解放してやっと少しの改善が見られるくらいの場合もありますし、進行を遅らせるだけと言う事もあり得ます。しかしご家族の助けでご本人が知らなくても定期的に受け鬱病、恐怖症や統合失調症、痴呆症などがある時期一気に改善していくご報告があります。)

ご自分を信じてみて下さい。その癒しの間も心が明るくなったり気づきがあったり楽しい時間でもあります。

病が改善し始めると人生の他の面も好転していきます。病気だけでなく全体にエネルギーは働くからです。

セッションの作用は、すべて秩序の狂ったものは去らなければならないエネルギーです。
神の秩序に戻す意図のセッションだからです。

しかし神の働きかけは平等ですが、治癒はその人にかかっています。

その後もセッションやBlogの助けを受け取り、日常の意識を今までと180度変えていきます。

それは他の人々に罪悪のなさ穢れのなさをみます。

他の人をそう見る事は、まさしく自分自身をそのように見ていることになるのです。

自分(=他人)を罰する事は病を作りますからその様な思考を止める事が大切です。そのことにより再び病の現実を生きる事を回避します。

毎回セッションでお話くださる内容やエネルギーで病気の原因が分かってきますから素直に自分自身の生き方を変えていく事が重要です。

その上で、エゴも含め自分を丸ごと愛する事です。自分を否定せずに自分の心に正直に生きると言う事です。

エネルギー回路が開かれていくと、健康を維持する分量の生命エネルギーを受け取れるようになります。

*生命エネルギーとは神そのものです。神とはすべてでありあなたの一部であり言葉に表す事は出来ません。

癒しを求める方への癒しは私自身の癒しでもあります。

なぜなら受け手の方の苦しみのベール越しに神の光のお顔と愛をみるからです。私は訪れた方を通し神の声を聞き、神の意志を知り、私自身の真の姿を見つけます。

私たちはお互いの中に神をみるのです✨

ここでの神とは、あなたの中の神のあなたです✨そして同じわたしの中の神のわたしです✨あなたはわたしなのです。

その点からわたしはわたし自身を癒し救っているのです。

 

✨祈りとはなんでしょう

祈るの語源は(意に乗る)(意に宣る)

・意乗りとは神様の意に乗る神様は何を望んでいらっしゃるかをいつも考える

・意宣りとは神様の意にそう思いを宣言する決意固め神さまと約束しその現実に向け自分を変え行動すること

そう思います。

すめみま🌟

今日は、セッション後にセッション前より具合が悪くなった場合で、好転反応とは違う場合を書いてみました。(セッション後に頂いたメールは一番下にご紹介)

遠隔セッション後もスッキリせずにどんどん具合が悪くなってしまい、セッションに対して不信感も湧いてしまった。身体の不調と元々ある足の痛みのご相談です。

遠隔セッションは1ヶ月前行いました。そして今回は、遠隔は合わないのではと対面セッションにいらっしゃいました。

 

〈エネルギーを見て分かった事〉

遠隔セッションで解放した事で、次の大きな不要なエネルギーが出る準備が整ったので、栓が取れたように浮き上がってきた。

また時期同じくして転倒された友人に反応して出たマッチングエネルギーもあると視えました。

そして具合が悪くなる事で、神への不信感セッションへの不信感で恐れも浮上させてしまい大変な事になっていました。

 

マッチングについても記載しておきます〜

マッチングとは、対象物に反応して自分の中から浮き出たもの

普通はあの人から悪いものをもらったとかエネルギーを受けてしまったなどと言う人もいます。

マッチングであろうともなんであろうと自分の中にあるものが出ているのです。お互いマッチングしたものが出ているとも言えます。

マッチングで勘違いしてはならないのは、被害者意識にならない事です。相手から何か悪いものが来たのではなく元々自分のエネルギーの中に潜伏していたものが対象物に反応して表面に出るのです。

マッチングが出たら自分の中の手放す必要のある不要なものが分かったと思い手放す事です。

それはエネルギーから見た話だけでなく、現実的にもあの人との関係が悪い、もしくは良い関係だからマッチングするエネルギーがあるのね!縁があるのだわ!という見方もあります。

そう考えるよりもっと中立的で客観的に「自分の中にこんな感情があったのだわ。執着せずに手放そう」という気づきの意識が明晰な神意識につながります。

しかしあまりに大きなものは気づきだけでは解放は難しいです。停滞するとその世界で生きる事になります。

スピリチュアルワーカーや治療師などが(すべての関係に言えますが)クライアントとのマッチングをきちんと浄化していないと自分自身も病むしセッションは上手くいきません。実際サイキックが膨大な闇が浮上して死にかけた話をいくつか聞いています。

今回の具合の悪さ不要なエネルギーについて~

見えないものなので、言い方により色々表現できます。

前置きを解放したので、本題が出たというイメージ

潜伏していて少しづつ出ていたが、ついに大きいものが出たとも言えます。

これは自然の原理です。不要なエネルギーは出そう出そうと働きます。解放されたいのです。それが病や災難など色々な形で表に現れます。

今回の例は、セッションでは区切りをつけていましたが、次がすぐに出ています。

今回はハイヤーセルフ(高次の自己)は、直ぐまたセッションを受ける事もすべてわかって次を出したのだと思います。その事は、セッション後のメールで分かる通り今回の解放によりスッキリしました。

一回のセッションで足の悪くなった原因をすっかり解放出来る場合もありますが、良くなってもまた出たり完全に一回のセッションで解放できるという訳ではありません。しかし1週間、1ヶ月かかるとしても一回ごとにセッションは終了します。

好転反応はまた別に記載。

しかしその間にも生活していますから、色々出来事や会う人によって反応はあり新たに浮上するものもあります。それは視ていませんので通常停滞します。これはセッションとは関係がないので仕方ない事です。

その方の神、ハイヤーセルフは私たちが思う以上に全てを知っています。意図的にハイヤーセルフが出す場合は、どのような意味かは分かりませんが、計画があり上手くいくと分かっての事と思います。

上の意図で出る場合もまた自然の摂理で栓が取れて次が出た場合も私にははっきりわかりません。そう単純でないかも知れません。

私の役割はどのような場合もお申込みがあれば、セッション時間接続により解放します。

止まらないで次々出るようなエネルギーをセッションでまともに感じると、この膨大なエネルギーは時間内に区切りはつくのか⁈大丈夫なのか?と思う程のものもあります。今回も凄かったので、一回で解放され心底安心しました。

みなさん簡単に思っていらっしゃいますが、不要なエネルギーは心身の病や人生の問題の原因になるほど濃厚で膨大な想念で影響力が強烈です。

しかし早くスッキリしたいからとお申込者や私の意思で、どんどん解放すればそれで良いという訳ではありません。

ハイヤーセルフを司令官とする為に繋がって行う必要があります。それは少しづつかも知れませんが安全です。一生解放出来ないようなものも解放されていきます。

みなさんのハイヤーセルフはすべてを知っていますが、私はハイヤーセルフから視せられたり知らされない限りなにもわかりません。

実は分からない方が安全なのです。以前透視能力、霊聴能力、感覚がすべて開いてしまった時は大変な事になりました。それからハイヤーセルフの元に秩序が保たれています。

自分の意思で無理に行うとおかしな事になります。

他の見えない存在もその次元しかわかりません。

その理由から私は、ただの発電機またはコンセントに徹し、そして祈ります。

わたしの愛する子どもたちを助けて下さい。

私は母親なので母性が強いです。「友を助けて下さい」よりも心の底から無条件の愛情から祈る事が出来ます。

そしてそれが届くと信じています。

~~~

セッション翌日に頂いたメールです✨

セッション中は激痛があり耐え難かったそうですが、悪いものが抜けていくのが分かったので良くなると思ったとの事。足の状態は、指の変形などかなりあります。



おはようございます。昨晩はありがとうございました。

今朝から快調です。何時もの前向きな私に戻りました。

足も大丈夫です。

この一月、やはり大変でしたので嬉しいです。

これから、毎月、定期的に解放していくことで、足がきちんと機能するようになるとおもいますので、続けて参ります。

よろしくお願いいたします。

心身共に軽い感じになりました。

原稿を書くのが遅れていますので、がんばります。

感謝です。

~~~

玄関のお写真…とっても美しく良い香りのお花をお持ち下さいました✨

ここでの神はあなたの内なる神で、もともとあなたの内に在ります。それなのになぜ繋がりが切れた様になってしまうのでしょうか?そしてなぜ病になったりするのでしょうか?

悲しい事に人は1日に何度も人を裁き批判したり、判断してレッテルを貼ってしまう考えが浮かびます…

 

🍀🍀🍀🍀🍀

 

 

善き思いでいるなら神さまと繋がっています。

神は善なるものだからです。当たり前の事に気づく必要があります。

 

セッションでは電話機の様にみなさんと神さまとの繋がりを保っています。

セッションが終わっても善き思いでいましょう。

善き思いでいるうちは神さまとの繋がりは保たれ活力に満ち幸せでいられます。

 

 

不安や恐れには気づいて神への信頼に変えましょう。

善ではない思いが浮かんだら、心にたずねましょう。

私は今このように思ってしまいました。どのような考え方にしたらよいでしょうか?

このように尋ねましょう。

深刻な問題でも深刻にならず深刻な自分を笑ってください。頑張り過ぎないでどうにもならない時、諦める時は諦めて心に余裕を持ちましょう✨

 

すめみま🌟

 

神と真に共に歩むと自分の内側を見ることになります。

会社の成功発展、良い結婚相手など現世御利益を望むのが自我です。
自我にとっては見たくない事で「ワクワクを生きたら良い方向に自然といくのでしょう?」と言ったりします。

自分を省みなければならない様な真面目でつまらない話は聞きたくないのです。

しかしここに述べたように内なる神の気づきと共に歩む事で自我レベルの現実化ではない神我レベルの現実化が起こります。

自分で望むことをしなくてもすべてが目の前に差し出されるのです。

それは自我(頭で想像し考える)の望む事を越えていますがすべて完全で間違いや偶然はありません。

神の世界はこの世界の何ものにも侵されない世界です。
~~~

セッションのご相談で他人、特に血縁者との葛藤のご相談は大変多いです。

|

対面セッションで腰の手術をしなければならないとご相談がありセッションをお受け下さいました。

足元に亡くなった方が蹲っているのがみえました。
直ぐにお導きしようとしたのですが、彼は母親ではないか?と言って苦しそうにお話しされました。

簡単にまとめると母親は兄を大変可愛がっていた為に生前贈与で自分には少なく兄に沢山相続した。
贈与後に兄は手のひらを返した様に母親を粗末にしたが、自分も恨みがあるので母親とは絶縁状態。
母親はその後、孤独死したがまだ許せずに成仏もさせたくないとの事でした。

腰は痛くともこのままで良いと他の解放をしてお帰りになりました。

その後も1ヶ月に一回お見えになりセッションを受け続けました。その甲斐あって手術はしないでなんとか痛みと共に生活されています。

お顔もずいぶん明るくなり性格も和らいできた様に見えました。
ある時に準備が整ったのでしょう。

夢で魂を揺すぶられました。
神は深い愛情で彼を見捨てる事はされなかったのです。

その夢は以下の内容でした。

彼にはとても愛する娘がいます。
このお嫁にも行かせたくない娘が彼のある一言で絶縁状態になりました。

月日が経ち彼は身体が弱り死を待つのみの老人となりました。誰も訪ねてこないぼろ家で後悔と共に自分の人生を振り返ったそうです。

あの時の娘の死んだ様な冷たい目が忘れられません。
とてもリアルで夢の方が現実かと思いました。

「そろそろ母親を許しても良いのかも知れません。成仏お願いします。」そう仰いました。
|

またある方は鬱病の姉が許せませんでした。
鬱病を理由に両親にお金をたかるからです。

そのうち犯罪も犯しました。
家族にも大変な迷惑をかけ自分も鬱病になりかけた…そんな姉は最後は自ら命を絶ったそうです。
しかも電車に飛び込んで。

姉が亡くなって何年も経ってもこの方の姉への憎しみは相当なものでした。

体調も悪く時折鬱々した気分が襲ってきて何日もこもる事も多くなりました。

そんな時にセッションに出会い、定期的に受け始めだんだん体調もよくなりました。

神に心を開く準備が整ったある日夢の啓示を受けました。

今迄だって神さまからは気づきが燦々と降り続いていたのです。誰にでもそうです。

しかしあまりに自我の鎧が強固で遥かに遠ざかり光が差し込む事が出来なかったのです。

少しづつお話しして神のエネルギーの助けを借りて気づきを受け取れるまでに心が開いてきました。

そして彼女の愛する娘が幼い姿で夢に現れました。

目に入れても痛くないほど愛らしい子

その子がある日靴を盗みました。
何度も何度も美しい靴を盗み幸せそうに履いて踊っていました。

感情的に追い詰めるとその子は真っ白い美しい階段を駆け上がり止める間も無く舞い降りたのです。

ドスンというリアルな音が耳から離れません。そう仰いました。

身も心も凍りつきました。助かる見込みのない病院の待合室で後悔と恐れの中で目が覚めました。

目が覚めても体が恐れでいっぱいでした。

悲しみで胸が締め付けられます。なんと私は愚かだったのでしょう。

彼女は姉を許したのです✨
そして自分自身を許し、心を鎖から解き放ち牢獄から飛び立つ事ができたのです。

|

神我と神我の傘の下の光の存在達が深い深い愛情であなたを導いているのです。

聖なる夢は聖なる書です。

結局私たちの魂が救われる道は気づきの道、聖なる道しかありません。

人を判断している内は強固なカルマの連鎖から逃れられません。

私自身も無意識的な心の不具合も即座に正されます。

みなさんも即座に恩恵を受けて正されているはずなのです。

しかしほとんど気づいていません。

セッションは神と共に気づきの日々を送る事を目的としています。その様に100%変化していったのです。

私は気づきました。

夢の啓示で心から気づいてお二人は良かったです。

カルマとは霊の気づきの為の体験です。

気づき改めない場合次の生でそれを体験させられるとはっきり気づきました。
神が裁いているのではなく多分深いところでそれを知っているから罪悪感に関係しているかも知れません。

他人の気持ちは分からないから判断し責めるのです。
ほんの少しでも同じです。
その為その人の気持ちを次は体験するのです。

|

先ほどお話に出た電車に飛び込み自殺される方は年々増えているそうです。

「人の迷惑考えない死に方しないでほしい」電車の遅れのなかで男女が何気なく話していました。
光の存在の慈悲深い感覚が悲しみとして私の中から湧き起こりました。亡くなった方は病んでいて判断能力はありません。

話していた彼らはただ知らないだけなのです。

ほんの少し思うだけでも自然といつも裁いているのが私たち人間です。
キリストの話を思い出します。マグダラのマリアに石を投げる人々に向かってイエスキリストは言いました。

「あなた方の中で罪の無いものが最初に石を投げなさい」
以前にわたしは何度も書かせて頂いた体験がございます。離婚する頃に自分が死んだ時を体験させられました。

その時に見えたのが自分の醜い想念の顔だけだったのです。

人を責めた顔、悲痛な顔、顔、顔、顔…
カルマの顔です。

その時に悟りました。

どんなに酷い事をされても自分の魂に刻まれるのは自分自身の心の状態だけなのだと。
たとえ子供を殺されたとしてもです。

これがカルマの無限サイクルです。

 

 

しかしカルマを越えて神を生きる事は今すぐに出来ます。

その様な葛藤が生まれたら内なる神にお願いして愛の考え方に変えて貰うのです。

「私の思考を愛に変えて下さい」
「なぜこのような事が起こったのか、気づきを与えて下さい」
(現実的な問題にセッションで答える必要が無くなった訳が分かりますね。私も気づきをお答えしますがご自分で受け取り心から気づいた方がよいのです。)

夢のリアルな体験で気づいても人間は弱く愚かです。すぐに忘れてしまいます。

無限の愛の存在はそんな私達を裁きもせずにいつもあたたかく見守り道を示して下さるのです。

私たちはもともと純真無垢な存在でカルマなどありません。その本来の姿がエゴを抜いた部分なのです。

自我で努力する事を手放しすべてその部分の自分に助けを求め委ねるのです。

その部分を神と呼んでも高次の自己(ハイヤーセルフ)と呼んでも天使と呼んでも何でもよいのですが、自我では想像出来ないほどに純粋な自分なのです。

自我(エゴ)だけで努力しても残念ながら無理です。

セッションをお受け下さったみなさんは是非、その神の自分に一瞬一瞬語りかけて共に歩んでください。

受けて楽になったで終わってもよいのですが、それが主たる目的なのです。

この一瞬一瞬が現実に何があっても気づきと共にある光の日々なのです。

それこそが神の愛であり神の意志であり確固たる計画なのです✨

|
聖なる夢ノート ✴︎
日中も気づいていましょう(目覚めた意識でいましょう)夜はノートとペンを枕元に置いて寝ることもおすすめです。聖なる気づきの夢は夢の直後に目が覚め覚えていられる様にしてくれます。トイレに行けば忘れますから直ぐにノートにメモしましょう。意味が分からなければたずねて下さい。いつもこちらからしっかり繋がってコンタクトを密にしましょう。必ず聞いていて答えてくれます。マインド整理の意味のない夢もあります。教えは気づく様に出来ています。

神我と共に✨
すめみま🌟