運命を超えた自己創造へ

2020.9内容更新

《お知らせ》✨コロナによる対面セッション引き続きお休みのお願い✨
自粛は解除されましたが、不要なエネルギーを解放する際にクライアントさんの咳が止まらなくなる場合が多々ございます。夏は窓も開けられませんので引き続き遠隔でのセッションでお願い致します。
遠隔にも慣れて下さり有難く思っております。ご迷惑をおかけ致しますが、ご協力お願い致します。

みなさまの心の平安を心よりお祈り申し上げます。

2020.6

すめみま🌟

〜〜〜

すめみまセッションは、神の秩序に戻していくワークです。

その為にそこから離れた生き方も変えていく事で継続していきます。

みなさんの内なる神に繋がる事によって、神の秩序に戻ろうと働きます。時空を越えてため込んだ不要なエネルギーが解放されていく、そのお手伝いを致します。

セッションエネルギーは古神道では

「かんながらたまちはえませ」

神の御心のままに

という意味です。

神道の言葉で説明させていただくと

罪穢れを払い清めるとは 「穢れ」(けがれ)とは「気枯れ」であり、「罪」とは「包み」で、魂を包み隠すという意味です。

つまり「罪、穢れを祓い清める」とは、「魂が魄によって包み隠され、気が枯れてしまった状態から、再び精神が緊張を取り戻して気が蘇える」という意味になり、魂が魄を制する状態にリセットして、精神を健全(かむながら)に保つ手段であることがわかります。

ここでの神は神社仏閣の神ではなく、みなさん自身の本来の姿としています。この意識の元にセッションは行われます。

ご希望やお望みも繋ぎとして皆さまの創造の次元にお届けします。

自我の希望のままではなく、内なる神の普遍真理の現れとなるでしょう。

2020.4

(エネルギー変化に伴いメッセージは随時変化致します)

ここでのすめみまとは形容詞であり、人間の意識である個人としての意識を超えた私として使っております。

人間の私は長いあいだ分離を手放してきましたが、肉体がある以上ここで色々な想いも体験しています。ですからみなさんと同じです。

私自身も一瞬々留まる事なくエネルギーは変化しております。それに伴いホームページ内容も随時更新中です。

詩をここにご紹介いたします。みなさんの内なる神は思考に働きかけ霊的な気づきによる成長のみを望んでいます。外の世界はみなさんの内側の現れにすぎません。この詩にそれが分かりやすくあらわされています。

執着を手放した時、この世界でも普遍的喜びがあります。そして豊かさやみなさまが望む事もきっと自然とやってくるのかも知れません。

【原詩:ある兵士の祈り】IMG_5214

成功を収める為に神に力を願ったのに

弱くなってしまった 謙遜を学ぶように

偉大な事をする為に神に健康を願ったのに

病気を体験してしまった神の心に叶う様に

私の願いは何一つ叶えられなかったけれど

希望した全てのことを私は受けた

幸せになる為に神に富を願ったのに

貧しくなってしまった 賢明である様に

弱い人を助ける為に権威を願ったのに

無力になってしまった 神に頼ることを学ぶ様に

神は私に必要な事何もかも知っておられる

希望した全てのことを私は受けた

人に尊敬される為に 神に手柄を願ったのに

ただ失敗に終わった 思い上がらない様に

聖なる人になる為に神に徳を願ったのに

罪の醜さに泣いた 神の愛の深さ悟る為に

私の姿は変わらない

何も出来ないけれど

喜びに満ち溢れて私は歌う