運命を超えた自己創造へ

日記

4人のクライアントさんから遠隔セッション後に頂いたメールをご紹介をさせて頂きます❣️

①生き別れの息子さんとの関係性の解放(50代女性)

ご報告メール

📩

いつも有難うございます。

息子との関係で、腰がガチガチだったと

いわれ、開放していただきました。

お陰様で、

体操と瞑想をする2日のコースから

いつも帰ると腰がガチガチで

動かなかったのが

動くようになってきました。

ありがとうございます。

またよろしくお願い致します。

〜〜〜

②プレゼントを送ってもなしのつぶて、どう言うつもりなのかと言うご相談(50代女性)

セッション直後

📩

ありがとうございました。😭

セッションが終わった途端に、先程相談したずっと無視の嫁から連絡ありました。

心を変えた途端の早い変化に驚いています。

すめみまさんのアドバイスを肝に銘じて返信しました。

沢山の気付きをありがとうございました‼️

〜〜〜

③仕事のやる気がしない、動きたくない、彼女にも見捨てられる、お金がないのに車は壊れる、何もかもがうまく行かないと言うご相談(30歳男性)

自分は生きているつもりでいる背後の霊のお導きを致しました。

セッション直後

📩

楽になりました。世の中が明るく見えます。自分は大丈夫な気がしてきました。ありがとうございます!

〜〜〜

④魂の声と解放セッション(20代男性)

セッション後に頂きました

📩

胸にゆっくりと沁み込むメッセージで、読ませて頂いている最中熱いものが込み上げてきました。

うまく言い表わす事の出来ない不安感や焦る気持ちは、自分自身の頭と心が切り離されていたのかなぁ、と思いました。

未来に対して一縷の光が差し込む感覚で、本当に久しぶりの安堵感を味わって居ります。

誠に有難う御座います。素晴らしいメッセージを何度も読み返しもっと味わってみようと思います。

〜〜〜

0BEA0972-A237-483D-B2D7-4938104C27AA

シェア頂きぁㇼゕ̎と੭່ごㄜ¨ぃまਭෆ❛ั︎◡︎❛ั︎ෆ✩⃛︎*⁎巫女凛✨💓

お写真植込みのカサブランカが満開に咲きました。ユリは香りも好き

すめみま🌟http://sumemima.com/

2022.7.17

御祈願の御礼が届きました

①新たな駅の工事🚉👷‍♂️での問題が重なり御祈願をお勧めさせて頂きました。

無事完成されたようでおめでとうございます

お陰様で、ご相談した一仕事、無事に完成しました😇✨

困難の連続でしたが、なぜか焦ることなく、落ち着いて絶対上手くいくという確信のもとで今日という日を迎えることが出来ました。

天気にも恵まれて、懸念されていたことも問題とならず、軽い感じで流れていきました。

一区切りついて、これからの人生がまたどう動くのか、晴れやかな気持ちです。

ありがとうございました😇✨

|

F678EEFF-3281-49C8-A069-2BFED4AC3288

②こちらは口頭でのご報告です。

息子さんのご就職と良い看護師さんとの縁結び

しばらく家にいてなかなか就職する気持ちにならなかった息子さんですが、セッション中にお母様が就職希望の会社主催の茶道教室のお話をされまさした。

茶道は過去世でしているのが見えたので、きっとあっていますよ、とお勧めした所思った以上にハマったとの事。

その事により自信がついて次々面接に合格なさっているそうです。もうすぐ就職が決まりそうですね。

もう一つは病院長さまなので良い看護師さんが来てくれる様にとご祈願されて1ヶ月後のセッション時に決まったとご報告を頂きました。

|

病気の治療の御祈願を頂きました。周囲の関わる人達もあたたかく経過も順調との事で良かったですね✨↓

軽症だったことも、治療が最速で最大の効果が出て副作用がないことも、全てご祈願の通り。

すめみまさんにご祈願して頂き、信頼して真ん中意識で奇跡をしっかり現実に創造できています。

私が真ん中意識でいられるのは神様とすめみまさんのお陰です。

これからも日々揺れることはあっても真ん中意識でいて、私の見たい現実をしっかり創造していきます。

とても良い経過に、主治医の先生も家族も本当喜んでくれています。主治医の先生とは会うたびに温かい空気が増し笑顔で温かく和やかに信頼関係が築かれていることを感じます。

引き続き、真ん中意識で、大切な命をありがたく愛ある生き方をしていきたいと思います。

|

④結婚の御祈願

40歳近い息子さんのお相手がいなく、以前は女性に貢いで騙されたとの事で、心配なさったお父様からのご相談です。

別件で息子さんからもご相談がありアドバイスさせて頂きました所、半年後に彼女を見つけました。

お父様からの口頭でのご報告↓

お陰様で、結納も済ませて結婚の運びとなりました。一生結婚する気がないのかと心配していましたが、これで安心できます。ありがとうございました✨

|

|

「一切皆苦」お釈迦様の言葉です。世の中は何ひとつ思い通りにならないと言う意味です。すべては思い通りにならない。それを受け入れて執着を捨て御祈願、行動なさる事をお勧め致します。

|

シェア頂きありがとうございましたみなさまのお幸せを願っています巫女凛

・折り紙は叶雛♪いらっしゃる方には書いて頂きます(基本対面はお休み中!)これも遊び、星マークも尋ねられるのですが、なんとなくで意味はないです😅

お写真はお供え下さった御神酒です✨

御祈願と御神酒について

http://sumemima.com/wp-admin/post.php?post=10200&action=edit

すめみま🌟

http://sumemima.com/

2022.7.16

こんな情報が目に入りました

薬や治療をやめる事をお勧めしているのではなく、お伝えしたい意図は他にございます。

セッションの好転反応に似ているな〜

そう思ったのでアップさせて頂きました。

ストレスだけでなく、意図的に付ける事を同意した制限エネルギー、時空を越えた不要なエネルギーなど

これらによって下水が詰まったような状態から一気にダムを開くように解放すると具合が悪くなる方もおられます。

怠くなったり眠くなったりは当たり前と思ってください。

今まで固まっていた心身魂霊体などに変化が起こるのですから当たり前です。

翌朝スッキリする方もおられますが、1ヶ月以上続く方もおられます。

全身に痛みがでるなど酷い場合は1週間以内にお知らせください。

なにもやる気が起こらなくなる

これは長年我慢して働いてきた職場や家庭(離婚)を辞めた時と似ていますね❣️

1C2DF936-1340-41B6-B302-0CAD4AF873BC

まだ下まで読んでいませんが一応全文お載せしておきます。

【目からウロコ、ガンの転移はなんと治る前兆だった‼️

『薬をやめると病気は治る』『免疫革命』安保徹著

新潟大学大学院医歯学総合研究所名誉教授

――――――――――――――――――――――――――――― 

〈病気を治せない不思議な医療〉

現代医療は、症状を、徹底的に薬で取り去るという方向に進んできました。

しかし、じつは苦しい症状こそが、治癒のために必要なプロセスだったのです。

現代医療は、症状を消すことに専心したために、治癒とは正反対の方向にむかっていたのです。

それが、患者にかえって深刻な苦しみを与える結果になっていたのです。

 

 

例えば、痛む、熱をもつ、腫れ上がる、発疹がでる、こういう症状は、じつに不快です。

しかし、その症状こそ、患部に血流を送って治そうとしている、体の治癒反応なのです。

熱があるから、痛みがあるからこそ、治癒に向かうのです。

それゆえ、対症療法は、ほんとうの治癒をもたらさないのです。本末転倒な治療です。

その結果、病を慢性化させてしまいます。

 

血流を止めれば、炎症反応が止まる、これが消炎鎮痛剤のしくみです。

これは、病気の治癒による消炎とはまったく違います。

痛み止め(消炎鎮痛剤)は、血管を閉じ、血流を止めます。

全身の血流が悪くなり、常に脈がカタカタと速く打ち、動悸や不安感が増し、不眠になります。

血管がたえず絞られた状態になり血圧も上がり、動脈硬化も進行します。

組織破壊が繰り返され、細胞のガン化が促進されます。

 

消炎鎮痛剤とステロイド剤を、病気治療に使い続けてはいけません。

血流障害を起こし組織破壊を促す

「病をつくる薬」の代表格です。

痛みや発熱、かゆみ、下痢などの不快症状は、

体が治るときに生ずる「治癒反応」です。

こうした治癒反応を、医者は悪玉とみなし、症状を薬で抑える対処療法を行います。

患者さんはいったん楽にはなりますが、治癒反応を抑えられ、病気の治りは悪くなり、

さらに薬を足すという悪循環が始まります。

 

 

難病(特定疾患)に指定されたとたん、病気が増悪したり、患者数が増えたりする謎もここにあります。

「難病指定」を受けると、その病気の治療法はガイドラインによって固定します。

例えば、潰瘍性大腸炎で現れる下痢や腹痛は治癒反応ですが、

どこの医療機関で受けても、消炎鎮痛剤とステロイド剤によって、この治癒反応は完全に止められてしまいます。

本来、治癒反応を促す治療を行っていれば治る病気も、

対症療法を続けることで難治化し、本格的な難病になっていきます。

難病に指定されている病気は、医療が難病にしてしまったものが少なくありません。

 

 

病気を治したいと願うならば、薬の常用をやめることが大切です。

熱、痛み、下痢、吐き気、だるさ、などの様々な不快症状は、

すべて体が自ら治ろうとする治癒反応であり、悪者ではありません。

病気の多くは、交感神経緊張により血管が絞られて血流が悪化し、顆粒球が増えて組織破壊が起こります。

体が治ろうとするときには、副交感神経優位になり血管を開き、血流を増やして傷ついた組織を修復します。

痛みや熱、腫れ、などの症状は、血流が増え、組織を修復する際に生じるもので、

この苦しい修復プロセスを通り抜けた先に、治癒というゴールが待っています。

 

 

例えば、しもやけは、腫れて痛がゆく不快な症状です。

これは、寒さで破壊された組織を修復するために、体はせっせと血液を送り込むので、腫れや痛みが生じます。

つらいでしょうが、組織を修復するためには必要なプロセスなのです。

カゼで熱が出るのは、リンパ球がウィルスと闘っている状態です。

ウィルスは熱に弱いため、体は体温を上げます、わざわざ熱を出しているのです。

ウィルスと闘って勝利が見えてきたら、自然に平熱まで下がります。長くて4日くらいです。

熱があるときは水分を十分にとって、体を休めるだけでいいのです。

 

 

「つらい症状は、治るための治癒反応である」

実は、このことは医師も気づいておらず、

症状(治癒反応)を止めることが治療だと考えている人が多いのです。

痛みがあれば痛みを取る、患部が腫れていれば腫れを取ることが、依然として「よし」とされています。

そのため、体は治るためのステップを踏むことができません。

病気を治すには、治癒反応を応援してあげればいいのです。

血流を止める消炎鎮痛剤やステロイド剤を使わないようにすること。

痛くても、できる範囲で動かして血流を促すこと。

下痢は止めず水分を十分にとること。

このような方法で、やがて体は治っていきます。

 

 

病気によっては、かなり苦しいこともあります。

血流がふえるほど、痛み、かゆみ、炎症などが強くなるからです。

治癒反応があまり強くて耐え難い場合には、症状の23割を取る程度に薬を使ってしのぐのはやむおえません。

症状が和らいだら、また体が治る反応を助けてあげてください。

 

 

対症療法で使用される薬の中で、もっとも体を破綻させるのは、

消炎鎮痛剤とステロイド剤です。

消炎鎮痛剤の成分は、プロスタグランジンの産生を抑えて血管を閉じ、

血流を止める作用があり、知覚神経が麻痺して痛みは和らぎます。

痛みが起こる原因は、そもそも血流障害です。

消炎鎮痛剤で血流障害はさらに悪化します。

薬をやめると、体は血流を再開させるために血管を開きます。

また痛みがぶり返して、いたちごっこになります。

 

 

消炎鎮痛剤を常用している人は、血流が途絶えてしまうために、

高血圧、耳鳴り、めまい、頭痛、腰痛を併発している人が少なくありません。

長期使用に伴って組織破壊が進みます。

さらに、リンパ球の減少免役低下、という最悪のサイクルができあがります。

交感神経緊張により、血糖値を上昇させるグルカゴンの分泌を促します。

また、インスリンを分泌する膵臓のランゲルハンス島を破壊します。

 

 

骨盤内の血流が悪くなり、子宮内膜症や卵巣嚢腫にかかりやすくなります。

慢性的な血流障害によって、体のあちこちに痛みが生じるようになります。

その結果、高血圧、糖尿病、不眠症、便秘、頭痛など、新たな病気が上乗せされます。

そのたびに医師は、降圧剤、経口糖尿薬、睡眠薬などの薬を処方します。薬漬け医療のはじまりです。

 

 

消炎鎮痛剤を服用したことによって、破綻をきたしている人は多いはずです。

だいたい5年から10年の間に破綻をきたします。

最後は、消化管の働きが止められて、老化が促進されて寿命がつきるという形で破綻します。じつに恐ろしい薬です。

消炎鎮痛剤は、湿布薬、内服薬、座薬といろいろありますが、どれもまったく同じことが起こります。

 

 

腰痛、膝痛などは、そもそも血流低下からはじまります。

血流低下した場所の組織がダメージを受け、

脊椎の場合は椎間板の弾力性が失われ、椎間板ヘルニアを起こすリスクがあります。

靭帯にダメージが及ぶと、腰椎すべり症になる可能性があります。

痛みがでてきた場合は、積極的に血流を増やすことがまず第一です。

お風呂に入って、身体を温めて血行をよくすることです。また、ふだんから動かせる範囲で体操など行っておくことです。

ありがたいことに、いったん障害を受けても、私たちの組織は血流さえ送りこまれれば、修復されるようにできています。

 

 

非ステロイド系消炎鎮痛剤は、解熱剤としても使用されており、

インフルエンザ脳症の発症に関与しているといわれています。

「解熱剤の注射を打ちましょう」

「ボルタレンの座薬を出しておきます」といわれたら、絶対に断らなくてはいけません。

 

 

消炎鎮痛剤よりさらに血流を止める力、消炎作用が強いのがステロイド剤です。

アトピー性皮膚炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、膠原病などの治療に、ステロイド剤は用いられています。

ステロイド剤の組成はコレステロールと同じものです。

コレステロールは血管の内側に付着し、蓄積してくると、酸化コレステロールに変化し、動脈硬化の原因になります。

ただし、酸化する前の新鮮なコレステロールは、ホルモンや細胞の膜をつくる材料として、欠かせない脂質です。

ステロイド剤もコレステロールと同じしくみで悪玉に変化します。

使い始めたばかりは、ステロイドを体外に排泄できるので、消炎効果だけを得ることができます。

ところが、ステロイド剤を使い続けると、体に蓄積され、

酸化コレステロールに変化して、組織を酸化し、

組織破壊が進行して悪化の一途をたどります。

 

 

ステロイド剤の常用は、新たな病気を上乗せします。

頻脈になり不安感が増すようになります。

血糖値が上がり糖尿病を発症します。

組織破壊が進むと、体のあちこちに痛みが生じます。

そのたびに降圧剤、精神安定剤、経口糖尿薬、消炎鎮痛剤が加わり、薬漬けから逃れられなくなります。

医師の多くは、ステロイド剤を使うことが治癒反応を止めて病気を難治化させ、

新たな病気を生み出しているという認識がありません。

 

アレルギー反応は、抗原や汚染物質を体外に排泄するために、体が必要にせまられて起こしている反応です。

発熱、炎症、かゆみ、発疹など、さまざまな不快症状が現れます。

目的は血流をふやし、有害物質を排泄することにあります。

膠原病でも、リンパ球とウィルスが闘って、破壊された組織を修復するために、炎症を「わざわざ」起こします。

リンパ球による炎症反応はつらい症状となって現れますが、そこを通り抜けないと体は治ってくれません。

 

 

体が治る反応を、ステロイド剤で止めてはいけないのです。

治癒とは逆行する方向で消炎していることが、危険だといっているのです。

多くの医師はステロイド剤や消炎鎮痛剤の害を軽視しています。

 

高血圧の治療薬で私が危惧しているのは、降圧利尿剤の害です。

利尿剤は体から水分を搾り取る作用があります。

脱水で血液量を減らして血圧を下げることに成功しても、

脱水で血液はドロドロになり、血液が流れなくなってしまいます。

利尿剤による脱水は、全身で循環障害を起こします。

目では房水の排出がうまくいかなくなり、眼圧が上昇し、緑内障を発症します。

血液の濾過や尿の産生ができなくなり、腎不全が起こります。

 

 

実は腎臓病でも、緑内障でも、利尿剤が使われています。

いずれの病気も、利尿剤によって循環障害がつくられ、

(緑内障腎臓病、高血圧緑内障、腎臓病高血圧)

といった具合に、新たな病気が上乗せされてしまいます。

私の母は、緑内障の点眼薬(利尿剤)をやめたら、目のかすみが完全になくなり、調子がよくなって、驚いていました。

点眼薬で水分を搾り取られて循環障害を起こし、見る機能が低下していたのです。

 

 

腎機能低下の患者に、利尿剤を投与することも問題です。

尿を出すには、血行を良くする必要があるのです。

それを、利尿剤で化学的に腎臓を働かせようとすると、腎機能が壊されていきます。

(利尿剤脱水血液粘性上昇血流障害頻脈顆粒球増多腎障害)の図式が見えます。

 

 

利尿剤は多くの病気に使われています。

利尿剤を服用した患者は、激しい喉の渇きと体調不良を訴えます。

渇きが強いのに、身体は水を十分に吸収できなくなってしまいます。

そして破綻していくのです。

患者が増え続けている病気があれば、その治療法に疑問をもつ必要があります。

「みんなこの治療を受けているから」とか「偉い先生が処方してくれる薬だから」と、医者任せにしていては、治るものも治らなくなる可能性があります。

自分の身体を救うためには、動物的な勘を働かせる必要があるのです。

 

【アレルギー】

 

アレルギー疾患に対処するには、常に抗原を「流す」「捨てる」という感覚をもつことが大切です。

抗原を流し去るには、運動などで血流を促すことが大切です。

炎症は抗原を排泄している反応です。

薬の長期使用は、

血流障害活性酸素大量発生組織破壊

リンパ球減少免役力の低下

という、発ガンを促す体調を作ります。

 

 

【リウマチ】

 

対処法さえ間違えなければ、リウマチは長患いする病気ではないのです。

にもかかわらず、リウマチの患者さんがへらないのは、

現代医学がこの病気の本質を理解せず、治療法が誤っているために、治癒に導くことができないからです。

 

 

リウマチを治癒に導くには、免疫抑制剤、ステロイド剤、消炎鎮痛剤をやめることです。

これらは血流障害を助長させ組織の修復を妨げます。

薬をやめると、関節に激しい発赤、発熱、痛みが生じて体もだるくなります。

血流が回復することによる、治癒反応と理解し、安静にしていましょう。

ステロイド剤は、離脱に伴うリバウンドも激しく現れます。

離脱後も1年は、発赤と痛みの炎症発作をくり返しますが、

これは誤った治療から脱却するために必要なプロセスですから、心配せず乗り切ってください。

ハリ治療など代替医療を行う医師にサポートしてもらいながら離脱するのもよい方法です。

リウマチを治癒させるには、

ストレスを遠ざけるとともに、運動や入浴で血行を改善するように努めてください。

 

 

【パーキンソン病】

 

パーキンソン病は特別な病気ではありません。

働き過ぎや薬物使用によって引き起こされます。

パーキンソン病の原因は、交感神経の過度な緊張状態、動脈硬化による脳血管の血流不足にあります。

パーキンソン病を難治化させているのは、通常の治療で使われている薬物、Lドーパ含有製剤の弊害です。

●Lドーパ含有製剤は交感神経を刺激し、血圧を上げ、患者さんは一時的に元気が出ます。

しかし、交感神経の過度の緊張で、血流が悪くなり、神経細胞の死滅を促進します。

その結果、病気を悪化させてしまうのです。

 

 

じっさい、パーキンソン病治療薬を投与されると、患者さんの体は固くなって、どんどん動けなくなります。

薬を止め、血行を増やす入浴や体操を積極的に実行し、便秘にならないように繊維の多い野菜を食べてもらう、

そんな簡単なことで難病が治るのか、と思われるかもしれませんが、

現実に、薬で歩けなくなり、口もきけなくなっていた患者さんが、

一週間くらいで歩けるようになり、話せるようになったという例がたくさんあるのです。

 

 

やめなくてはいけない薬はまだまだあります。

消炎鎮痛剤、睡眠薬、抗不安薬、これらの薬はすべてやめましょう。

薬をやめることが病気脱却のカギとなります。

パーキンソン病治療薬は、飲み始めて半年程度なら、いきなりやめてもさほど問題はありません。

年単位で服用してきた人は、急にやめると一時的に悪化することがあります。

12ヵ月かけて、少しずつ減らしていくとよいでしょう。

薬をやめて患者さんが震えるのは、薬で止められた血流をなんとかふやし、筋肉に血液を送ろうとして痙攣を起こしている。

リバウンド現象は治癒反応であると理解することが、薬の離脱に成功する秘訣です。

パーキンソン病では、体が動かしづらくなりますが、積極的に体を動かし血流を促しましょう。

 

 

【潰瘍性大腸炎、クローン病】

潰瘍性大腸炎、クローン病の難治化の原因は、誤った治療法による薬害です。

下痢が起こるのは、生体が治ろうとする反応が始まったサインです。

血管が拡張して血流も回復し、傷ついた粘膜の再生が促進されます。

その課程で知覚神経を過敏にして痛みを起こす、プロスタグランジンの産生が高まるため腹痛が起こります。

また、顆粒球の死骸である膿を排出するために粘血便も出ます。

一連の症状は、すべて組織を修復するプロセスで生じる治癒反応なのです。

しかし、現代医学はこうした症状を悪玉と決めつけ、下痢や腹痛を抑える目的で、消炎鎮痛剤やステロイド剤を用います。

これらは治癒に必要なプロスタグランジンの産生を抑制します。

血流障害による組織破壊が拡大し、病気は増悪します。

 

 

潰瘍性大腸炎、クローン病ともに、薬をやめることが治癒の第一歩となります。

薬をやめると、今まで抑えていた症状が一気に吹き出します。

初めの23日は激しい下痢や腹痛が起こりますが、これを過ぎると1週間ほどで炎症はおさまります。

水分は十分に補給してください。

ステロイド剤を使用している人は、一年くらいの間に何度かリバウンドを起こします。医師の管理下で1ヵ月程度かけてゆっくりと薬をへらします。

【ガン】

発ガンを促す要因には働き過ぎ、薬の長期使用、があります。

いずれも強力に交感神経緊張状態を招き、

〈顆粒球増加(血流障害)活性酸素の大量発生組織破壊〉

〈リンパ球減少・分泌能低下免疫力の低下〉

というガンを呼び込む体を作り上げます。

消炎鎮痛剤を年単位で常用すると発ガンを促す体調になり、

だいたい薬を10年くらい常用したあたりから、発ガンする傾向が見られます。

 

 

生活パターンを見直し、しっかり休養をとり、消炎鎮痛剤などは中止する。

免役力が高まれば進行は止まり、治癒できると信じ、気楽にガンとつき合う

転移は、ガン細胞がリンパ球の攻撃から逃れようとして生じるものであり、治る前兆である。

転移が起こってもあわてない(ただし、リンパ球が少ない場合はこの限りではない)

三大治療(手術・抗がん剤・放射線治療)は受けない、続けない。

抗がん剤や放射線治療は、白血球を減少させてガンと闘う力を奪うので勧められても断る。

どうしても手術が必要な場合は、最低限の範囲で受ける。

運動、食事法、呼吸法、入浴などの実践。

―――――――――

 

がんになった人でも、免疫力が上がってリンパ球が増えれば、

がんは自然退縮するものなのです。

リンパ球の数が18002000個/mm3あれば、がんは自然退縮します。

ところが、リンパ球を確実に減らしてしまうものがあります。

それが三大療法です。

三大療法は、どれもリンパ球を減らす治療法です。

とくに大手術を受けたり、放射線治療や抗がん剤治療を徹底的に受けると、

リンパ球は急激に減ってしまい、

元に戻るのに時間がかかってしまいます。

 

 

放射線治療を受けると、その後、リンパ球の減少が長く続いてしまいます。

ネズミに悪性のガンを発ガンさせるためには、ガン細胞を百万個も注射しなければなりません。

一万個や十万個いれたところで、すべてリンパ球に殺されてしまいます。

しかし、ネズミに放射線を当ててリンパ球を減らしておくと、たったの千個注射するだけで発ガンしてしまいます。

 

 

ガンの検査を頻繁に受けすぎないことが重要です。

免疫能が上昇してくるまでには最低でも12ヵ月はかかります。

さらにガンが退縮するには、それ以上の時間がかかります。

ですから、初めの34ヵ月は、検査を受けても思うような数字の上昇は期待できません。

とくに、ガンマーカーは独特の動きをするので、判断に注意が必要です。

免疫能が上昇し、ガン細胞が破壊されはじめたときにも、ガンマーカーは上昇します。

●X線写真、CTMRIの画像に一喜一憂する必要もありません。

免疫能が上がると、ガンの直径が拡大しても、じつはその中心部が壊死をはじめている場合が多いからです。

 

 

免疫細胞ががガンをたたくときには、必ず炎症反応が起こって、

発熱、痛み、不快を伴います。

下痢をすることもあります。

肺ガンなら咳がでてきたりします。

患者さんも、医師たちも、

こういう症状が、治癒の過程で起こることをわかっていないので、つい、症状を止めたくなるのです。

しかし薬を服用して症状を止めることは、治癒反応を止めているわけで、

ガンを治すためには、まったく逆効果なことです。

 

 

ガンの自然退縮につながる治癒反応がはじまると、

一週間ぐらいは寝込むようなつらい症状が続きます。

その後、リンパ球が増えてガンが退縮しはじめます。

この反応をぜひ覚えておいてください。

この反応がわからないと、症状の変化に不安になるし、

医師に相談すれば、薬を出されてしまいますから注意が必要です。

 

 

じつは、この治癒反応は昔から、

傍腫瘍症候群(パラネオプラスティック・シンドローム)という名前で、

ガン患者の治癒過程で必ず起こる反応として知られていました。

ところが、戦後、抗がん剤を使うようになって以来、忘れ去られてしまったのです。

傍腫瘍症候群の中で、よく知られているのは、

黒色肉腫、メラノーマが自然退縮するときの反応です。

発熱して、節々が痛くなり、その後で、アルビノ(白子)状態の斑点ができて、黒色肉腫が自然退縮します。

これは免疫細胞や自己抗体が、ガンの黒色肉腫細胞とホクロ細胞をまとめて攻撃したからです。

もちろん、これは黒色肉腫だけでなく、ほかのガンでも起こることです。

この症状を経て、ガンは自然退縮へ向かっていきます。

 

 

発熱、痛みのほかに、しびれなどの神経症状もでてきます。

ガンが攻撃されると神経も刺激を受け、しびれや痛みがでるのです。

傍腫瘍神経症候群(パラネオプラスティック・ニューロロジカル・シンドローム)とよばれます。

この反応も覚えておいてください。

 

今の若い医師たちは、この治癒反応の存在自体を知らないことが多いようです。

 

 

転移が起こるということは、ガンが治るサインなのです。

リンパ球が上りはじめたときに転移を起こしやすいということがはっきりしました。

つまり、転移というのは、原発巣がリンパ球によって攻撃されて、散らばっている状態なのです。

じっさい、転移が起こったガンが自然退縮して治るということを何十例も経験しました。

転移は怖くありません。

ガンが治るサインです。

体が治癒力を発揮してガンをたたいている最中です。

免疫力が上がってガンが痛めつけられたとき、一時的に腫瘍マーカーが上昇する現象が起こることも知っておくとよいでしょう

画像…癌も考え方で消えるそう!という事は考え方で癌になる!

すめみま🌟

http://sumemima.com/

2022.7.15

息子さんのお嫁さんが身籠った双子の赤ちゃんの一人が、頭蓋骨の発達ができず生まれて間もなく亡くなってしまうとお医者様に告げられたそうです。

胎児であるお孫さんの状態に心を痛めご相談頂きました。

|

すめみまから

セッション報告メール📩

赤ちゃんの魂と繋がりました。

「もうだめだ。いいのもう。私は大丈夫。(お母さんのお腹から)出たり入ったりしてるよ。苦しくないから心配ないよ。おかあさん、おとうさん、抱っこして貰いたかったけど(もう一人の赤ちゃん)この子と一緒に抱っこしめもらうね。

お母さん私の事は大丈夫、頑張ってくれてありがとう。おばあちゃん心配してくれてありがとう。(もう一人のあかちゃんに話す)頑張って欲しい。私はあなたと一緒にいて守るからだから頑張ってね。

|

|

セッション後に頂いたご報告📩

息子の子供を見送ることができました。

帝王切開でこの世に誕生し、両親の腕の中で息を引き取ったそうです。

スメミマ様のご助言から、自分も見送りたいことを申し出ました。するとお嫁さんのご両親も希望され、息子夫婦、お嫁さんのご両親、私達夫婦の6人で息子の手作りの御棺で見送ることができました。

火葬場では、冷たくなった身体を抱き、お礼も伝えることができました。

今でも思い出すと涙が出ますが、お見送りが出来て良かったと思います。

スメミマ様のお陰でこのような機会を持つことができました。

どのように表現すれば良いのかと迷っているうちに日にちが過ぎて行きました。

その為つたない文ではありますが、

まずはお礼と思い送らせて頂く事にしました。

本当にありがとうございました。

C4A720D0-B304-4D09-9048-57E28D32242A

すめみまメール📩

ご報告ありがとうございます

読ませて頂き赤ちゃんのにっこり自慢げなお顔が見えました。

こんな感じ

😆

「お母さん、お父さんに抱っこしてもらってきたよ!みーんなに抱っこされたんだよ」

天国のみんなに自慢していましたよ👍

あっという間に天国に戻ったみたい

またすぐ地球に来るかも知れませんから、亡くなった子として悲しむのではなく

また出直して来る天使と思って軽やかな意識でいてあげて下さい。

その方が、また来やすいエネルギーになります。

今、また来なね〜と赤ちゃんに告げると

また来るよ〜バイバイ

そう言ってましたすめみま

|

2通目📩

お忙しいなか、ご返事くださり有り難うございます🙇

読ませて頂き気分も明るくなりました。

この体験を皆様と共有してくださること感謝します。

宜しくお願いします。🙇

|

すめみま

ご報告頂きありがとうございます赤ちゃんが明るいのに驚きました。

セッションで赤ちゃんに繋がったのも良い機会になったのかも知れませんね❣️

またきっとここで出逢えるはず

すめみま🌟

http://sumemima.com/

2022.7.14

7月はスピリチュアル(精神世界)の情報に詳しい方が多くセッションを受けて下さってます。

過去に宗教入信した方やスピリチュアルワークをたくさん受けた方もセッションをさせて頂いています。

あるヒーラーさんのセッションで、なんと仰ったかは忘れたのですが私が言った言葉は「ハイヤーセルフは自分の神ですよ、そこが一番パワフルです!」

その言葉にそうですよね〜と改めて納得されました。この事が印象に残ったので今日は書いてみます。

ハイヤーセルフは色々な言葉を使ってあらわしていますが、私は最近は神我と言っています。セッションではその方の馴染みの言葉を使います。

 

神我とわざわざ表現するのは、私たちは元々神だからです。

“神我は根源(大元の神)に唯一直結する道です!”

神の子、分け御霊、とも言われ神それ以外にはありません。

神我=大元、根源と言っても良いくらい

 

神我は元々あなたの中に在ります。それはあなたですから無くなりません。

しかし神我が平面図で繋がっていない状態図(Blogで以前書いています)を見せてくると言うことは意味があります。

色々な制限により分離した状態になっている図です。

私はこの現状を今月は続けざまに改めてまざまざと見る事になったのです。

 

AEA10A61-38BE-4BF5-AC14-8F3106989BAF

自分の神の世界ほど

清らか

純粋で気持ちよく

青空の様にどこまでも澄み切った抜けている世界

あたたかく愛に満ちて

安心できて静寂なのに喜び

波動が高くパワフルな光

自分のパワーを所有出来る世界

本来の自分自身を生きる事の出来る世界

すべての人も動物もなにもかもが神という世界

 

私は20年以上自分自身(その頃はハイヤーセルフと言っていました)と繋がり、色々なエネルギー世界を見るだけでなく体験してきたからこそ断言できるのです。

ここのところまた急激に色々な偽の世界を見せられて、益々声高く断言します。

技巧的な偽りの世界から目覚めましょう!

良き言葉全てを並べてもこの気持ち良い世界を表現し尽くせないです。

この真実をみなさんに改めて伝えたい

体感して欲しい

そう強く願うのです。

制限の多い場合は少しづつ解放していくと必ず振り返って実感するはずです。

でもあまりに自然と変化していくので、前の状態を忘れてしまうのね😅

(セッションは横の次元である平行現実と縦の次元の両方シフトしているのです。過去の自分にしがみついて曖昧になる方、同じように解放しても劇的に変化の波に乗る方と人それぞれの変化ではあります。)

初めてお受けくださる方々を解放させて頂き

私がこれでは大変と

愕然とする💦

一生本来の自分自身を生きられない宇宙に島流し(隔離)された状態です!そう見えるしエネルギーも神我とは異質過ぎてとても居心地悪いです。

これは大袈裟ではないんです。ほんとうに😅

 

今私たちが向かう先ではない(真実は古今変わらずですが)

古い過去の偽物の自分

パワーを明け渡した世界

もうそれは要らないですよね👍

 

心や体だけでなく他の世界に依存していたエネルギーもデトックスしよう♪

 

お読み頂きぁㇼゕ̎と੭່ごㄜ¨ぃまਭෆ❛ั︎◡︎❛ั︎ෆ✩⃛︎*⁎巫女凛✨この事はまた書いていく必要ありそうね。

今日は目の前の現実をしっかり見て自分の住む場所から真実を選ぼう❣️

『No.2囚われの世界の終結✨本来の自分自身を生きる』↓

http://sumemima.com/?p=12983

写真…こんな感じに視え、その世界は神我でなく別の世界に繋がっています。イメージでお借りしました。アニメのストーリーは知りませんので関係ございません。

すめみま🌟http://sumemima.com/

2022.7.10

 

カラダに良い菌は

キラキラ

ハッピーなの⤴️

 

カラダに良くない菌やウイルスは

なんか暗い

ハッピーじゃない⤵️

 

喜びの宇宙に住む私はハッピーな菌と仲良し

 

でも

もしも暗くなったら良くない菌に侵略されちゃうよ

現在の状態だけでなく

暗い過去世や過去

そんなの浮いても

マッチングしちゃう

理不尽な宇宙💦

でも大いなる宇宙から見たら完全なるマッチング

自分の宇宙はどんな状態なのか

気づいてないとね👍

前向きな気づき明るい気持ちは何より助けになるね❣️

なんでもマッチングや

D1B8F3D2-E866-40A2-9E56-97517C0E3127

 

ミコリン💫

好転反応は地球の浄化と同じ。あなたの宇宙の大変動、異常気象になったりするけれど波動高めながら宇宙が大きく成長する過程。本来の喜びの宇宙に戻ろうとする今の地球に似てる🌏しばらく浄化中だから眠くなったら寝てね👍

貴船神社⛩七夕🎋星に願いを✨

http://sumemima.com/

2022.7.7

微生物を色々育ててます♪

(納豆菌水)は飲み水や目薬やニキビ菌あらゆる菌に効く強い侵略者みたい、(玄米酵素菌水)これはお米を炊く時に、それから(バクチャー水槽)は微生物とお魚育てて飲み水、お料理や植木に使ってます。

今日はミドリムシのご紹介です❣️

 

ミドリムシと言えば、バイオジェット燃料になると今話題の微生物ちゃんです。

 

またの名をユーグレナ、健康食品で有名です。

6月30日にペットボトルに入れた時はほとんど無色だったのに、今日6日でこんなに増えたの。鮮やかな緑色

バクチャー水槽はどんどん使うからミドリムシ増える暇なくてダメかなぁ、、

生態バランスもあるしね!

今水槽に入れて実験中

ミドリムシ飲み水を栽培中よ!

0406AAB0-969C-4224-A1DC-81228E110297

朝は納豆、味噌汁、糠漬け、卵焼きが定番、質素な食事ですが微生物沢山で元気元気♪

 

太りたいけど太れない、、これじゃあ当たり前かもね〜

カラダは宇宙❣️今日もお読みいただきぁㇼゕ̎と੭່ごㄜ¨ぃまਭෆ❛ั︎◡︎❛ั︎ෆ✩⃛︎*⁎✨

顕微鏡の写真はお借りした物です。

2022.7.4

http://sumemima.com/

ある日私のエネルギーフィールドに鳳凰がやってきました。

強く明るい熱いエネルギー☀️❤️‍🔥☀️

日 火 陽 飛

この様なエネルギーです❤️‍🔥

クライアントさんにも鳳凰が降りて来て

メッセージは忘れてしまいましたが、日本に関するメッセージだったと思います(私が考えるものではないのでお伝えすると忘れてしまいます💦)

新たな日本の幕開けで降りて来ている

その活動をされている人々を鳳凰が直接助ける訳ではないが、変革のシンボルとして見守っている様に感じました。

鳳凰は、日本に燃える黄金の繁栄光を降ろしているのが見えます。

しかし、今の日本は灰色に曇って見えます。’私は神さまと共に明るい日本をみています。)

目覚めている人、変革を起こそうと熱い志を持つ人からは強い思いが出ているので、

そこに鳳凰からの光は降りる事ができるのです。

それ故に昔から鳳凰は、「聖天子が現れし時に見ることが出来る」と言われる所以なのだと思います。

聖天子を調べてみると

徳の高い天の子

平和をもたらす統治者とあります。鳳凰の凰の中には皇が入っていますね。

そういう人々は、天に選ばれたというより、魂の想いだと感じます。

その人間の魂がそれを決めて来ていて、その想いにより、同じ想いの見える見えざるに関わらず存在のバックアップとマッチングする

そうとも言える気がします。

それが選ばれた様に後々言われるのかなと思います。

その人間の強い信念が同調するものと相まって相乗効果で起こします。

それほど人の想いとは神をも動かすと鳳凰さんも仰っておられました

14D59001-1795-41F3-B720-506A16BA6C8E

鳳凰のエネルギーの輝きが眩しすぎて素晴らしいので、私の中の鳳凰さんに尋ねてみてみました。

|

心渇いた人間の魂を呼び覚ます事

神から申し遣り

人の世に降り立つ事となり

燃え盛る炎のように

人の想いに火を点す役

人とは神の子

神の御霊授かり地上に降りた神霊である

神霊の眠り覚ます役目なれど

深く眠りて

神眼閉じ肉の目しか持たぬ故

目覚めた者から

力貸して

まだまだ

根気よく

辛抱されよ

この働き

短気ではいかん

ひっくり返る時

急に数回に渡りて来る

心引き締めねば

目覚めたと思ったらひっくり返るぞ

傲慢心改めねば

世直しは

心直しと心得よ

(鳳凰と共にお仕えの神さまより)

〜〜〜

人の心の中にある未来栄光、繁栄する光

古くから人間の繁栄と飛躍を神々と共に助け導いてきた

黄泉の国から神の国まで

宇宙隅々までも

神の想いと共にある飛鳥

神と人との高き想い

その人の想いと行動が

鳳凰を呼び起こす

燃える心

熱き思い

愛と平和への願い

その想いは神をも動かす

〜〜〜

沢山の人たちが志に賛同している場合

その民衆の想いが

宇宙の形態の場を創ります。

この想いは霊界からも来ます。

祖霊で戦死された人々の想いが賛同しています。こちらが先かも知れませんが、この世と霊界は共に共鳴します。

この形態の場が大きいほどにこの世あの世に影響を与えます。

そこには平和と愛を見る新しい世界でなくてはなりません。

批判やネガティブな思いを入れない様にして欲しいと思いますが、民衆は批判や苦しみから世の中を変えるので、良いも悪いもなく致し方無いのかもしれません。

今現在の世の中の仕組みは真っ黒な強固な枠組みが視え、そう簡単には崩せないものに視えます。

古い思想、システムへの揺さぶり、民衆の目覚めだけでも大きな働きと思います。

今はそういった時代に入っていますから、否応なしに人の心も世の中も変化していくのだと思います。

底なしに明るい鳳凰❤️‍🔥さんと戯れたい巫女凛でしたお読み頂きぁㇼゕ̎¨ぃまั︎◡︎ั︎⃛︎*

すめみま🌟

http://sumemima.com/

2022.7.4

写真…大鳳凰図転生物語は昨日で終わりです!美しいです✨

Blogを他に作るとの事で整理していたら、10年前のある日記に目がとまりました。

“ねえ、遊ぼうよ”

そんな今の気持ちにマッチしてる過去の私からのメッセージ

シェアさせて頂きます。

2012年11月12日19:07


  • 全体に公開みんなの日記
  • 1 view

仕事の熱意が全くなくなった様に感じて戸惑っています。
今までは少なくとも探究心や情熱がありとても楽しんで行ってきました。

これまでも玉ねぎの皮が剥ける様に自分が望む望まないに関わらず変化してきました。
その度に変化した自分を面白いなーと見ている自分がいて、
それにまた馴染んではまた変化してを繰り返しここまで来ています。
今はスピリチュアルな情報だけでなくセッションまで消える感じ
たぶんこれで良いんだ…
たとえ仕事すら手放してしまったとしても
そんな事がふと浮き上がっても何故か幸せ感は消えませんでした。
この何もない何かをしようとか思わない気持ちでセッションをしたら…どうなるの?
|
いつも基本的には無で、クライアントさんと私のハイヤーセルフに任せて行いますが
更に無になってみよう
そうしたら??
今日のセッションで分かるだろうと思いました。
そしてセッション中に聞こえてきたのがNHK大河ドラマ「清盛」のテーマ曲でした。
|
|
遊びをせんとや生まれけむ
戯れせんとや生まれけむ
遊ぶ子どもの声がきけば
我が身さえこそ動かるれ
|
後白河法皇作 梁塵秘沙
1ACA2CE6-D33A-422F-B919-3D9C0C0BABF4
この唄を使って神さまは深く限りない愛とメッセージを下さいました。
人間の一生は、儚い一瞬の夢のようだ
それなら苦しみを生きるのではなく、またとないこの素晴らしい体験の世界を子どものように夢中で遊びましょう
とらわれなき心で軽やかに生きましょう✨

|

かみさまの手の中で安心してとらわれなき軽やかな心で舞っていよう
何も難しく深刻にする必要はないんだ
それでなくても日々ますます難しく考えられないのだから、、

深い愛の中、守られた安心した世界に私たちは存在しているのだ

|

今日のセッションも変わりなくより囚われのない深い愛の中にありましたぴかぴか(新しい)
|
私の全ての一部がただセッションという形で在ります
セッションの神聖さが全てにあるという自然な感じ。
セッションであろうと私自身がただ在るだけぴかぴか(新しい)
http://sumemima.com/

あなたはゆったりと寛いでいなさい。

そうすれば今までの様に、私たちお陰様たちと一緒に素晴らしい恩恵を受ける事が出来ます。

その恩恵とは、喜びの中

人と人との繋がりによってたくさんの人々を導き癒すでしょう。

心は自由に囚われなくいなさい。

あなたの優しさで周囲を明るく照らしていなさい。

良からぬ考えの人々が近づいてきたとしても、あなたに与えし徳によって、その人たちは変わるでしょう。

その事によって私たちはあなたと一緒にいる事が出来ます。

あなたはそれだけで、私たちにも貢献しているのです。

3058E891-8864-4DB0-9041-61CB947FEDCB

私が迷って神我に尋ねるときまってやってくるメッセージです。

みなさんの神我であるハイヤーセルフからのメッセージでもあります。不安になったり心配になった時に読んで下さったら嬉しく思います✨

〈解説〉

私たちお陰様ハイヤーセルフの傘の下の光の存在、背後の存在、など

ゆったりと寛ぐエネルギーフィールドの中、心を指す

沢山の人々…出逢う人

導き癒すあなたの存在そのものが癒しであり、神我と共に在る事そのものが道となる。

与えし徳ハイヤーセルフや神我の心

一緒にいる繋がりのこと

貢献背後の光の人々、守護神もあなたによって働く事が出来る、光の存在への奉仕、互いに最善に働く

〈メッセージについて〉

一見奇抜な人々を惹きつける事を言う存在は偽りの世界の存在だそう。

人でも背後存在でも同じと思います。

あなたの中の神はこんなあたたかく優しいメッセージ

それをお伝えしたくて書いてみました。具体的なメッセージも閃きなどできますから質問もしてみてくださいね。

|

こんなに沢山の応援がいます。それを見せられたのはこの仕事を始めたばかりの頃だったと思います。

エネルギーの海の向こう側に何百何千と無限に光の人々が手を広げて私をみていました。

この地上に降り立った天使代表の私たちを沢山の光の存在が天から応援してくれているのです。

私たちは天の使いの代表なのね❣️

たとえ良からぬ人々がいたとしても出会ったことすら気づかないのかも知れませんね♪確かに良からぬ人に出会わないばかりでなく天使さんばかりです。

|

*本来神我は私とみなさん区別ないです。みなさんの意識次元に降下してみなさん個人のカラーを帯ます。メッセージもそれぞれ違っても受け取れます。ハイヤーセルフは高次元の自分と言う意味ですね。高次元と一言で言っても色々な意識次元にアクセス出来ますが、真実で変わらない純粋な自己

|

今日もお暑いですが、ご一緒に心軽やか優しい天使さんでいましょう❣️お読み頂きぁㇼゕ̎¨ぃまั︎◡︎ั︎⃛︎*⁎巫女

すめみま🌟http://sumemima.com/

2022.7.2