運命を超えた自己創造へ

いつもご報告などあたたかいメールをありがとうございます✨

今日は社会人としてのメールの送り方のお願いです。

 

一度お申込みをいただいている方にはメッセージのアドレスをお教えしています。

メッセージは吹き出し画像なので、それが理由だと思いますが、呟いているようなメールを頂く事があります。LINEの普及も影響していると思います。

例えば「子どもがおかしいです。」だけ

「(前に話した)募集をかけ始めました」だけなど

どうして欲しいのか?頼んでいるのか?どの様な意図で送っているのか分かりません。

会話の途中のメールでしたらまだ考えられますが、突然最初のメールから本文しかも一言で名前もなしは一体どうなっているのでしょうか?

厳しい言い方ですが、嘆きの穴ではないのです。

たとえば神社仏閣でお願いする場合でもこれでは神さまに届きません。

子どもや親しい友人との会話ではないのです。最低限の礼儀は必要だと思います。

この様な呟きにこちらでお答えしてしまうとなあなあになり、エネルギー的にゴミ溜め状態になってしまいセッションが清浄に保たれません。

そこで申し訳ないのですが、そのような不明瞭なメールにご返信はできません。わけが分からず、私の心と記憶に届かない為に動かされません。

クライアントさんの心、私の心、神の心(内なる神含む)が一体となり働きます。

そうする為にはそれなりの形があります。

この様な文は心を病んでいる方や少し知り合いだったりする方が多いです。

心の病の方は直接のやり取りは控えていますから問題は今はございません。

知り合いであろうともエネルギーレベルを保つ為に、セッションでは混同しません。

知り合いの方はBlogを読んでいらっしゃらない方が多いので伝わらないですね。話の機会がある時にお伝えしようと思います。

ほとんどのきちんとされたクライアントさんではこう言ったメールを頂く事はございません。

どうして欲しいかどういった意図の元にお送り下さっているのか分からないものは、とても困ってしまいます。

 

そこで何度か書いておりますが、今回も書いてみました。

お申込みはホームページ予約サイトもご参考になさって下さい。

私自身も気をつけようと思っています。

下の様な書き方はいかがでしょうか?

お知り合いとのメール交換でも明瞭になると思います。

 

私は手紙形式で簡単明瞭に書きます。



(件名)  〇〇について  氏名

(本文)

〇〇さま又はさん

(お世話になっております)

(いつもありがとうございます)などの挨拶

本文

(宜しくお願い致します)締め

氏名