運命を超えた自己創造へ

亡くなる時は苦しみたくない迷惑をかけたくない

という事で世間一般的には、“ぽっくり逝きたい”が望みだそうです。

近所の三囲神社にもピンピンコロリ社がございますし、ぽっくり寺やピンコロ地蔵は有名で、ピンコロ団子やTシャツまであるそうです。
穏やかで優しい親戚のおじいちゃんが、日向ぼっこをしながら眠るように亡くなった話を子どもの時に聞きました。子供ながらにすてきな亡くなり方だと思ったものです。

 

まず最初に簡単にホームページからの引用を記載します。

🍀ご高齢の方、病の方のセッション後安らかな旅立ちについて以下の事をご了承の上でお申込みお願い致します。

家族同様にお元気になられる事を祈り一生懸命セッションさせて頂きます。

セッションは治療ではなく心の癒しです。結果として治癒される方もおられますし肉体を脱ぎ捨て旅立ち自由になる方もおられます。

その方の内なる神と繋がって行う神の御意志のセッションですから、セッション後に肉体を離れ旅立つ事もございます。

死とは本来、陰鬱や恐れのものではなく永遠の生命の輝き、自由、よろこび、祝福を私は感じます✨

〜〜〜

先日ペットの犬さんのセッションをさせていただきました。腹水が溜まり重い病の状態でしたが、病と寄り添い吠えもせず無理をせず生きている姿を飼い主さんからのメールで知りました。

まだ元気なうちにセッションを受けたいとお申込みされました。飼い主さんそして犬さんの魂から溢れるほどの愛を感じ、私も感謝と愛が溢れました。

セッション後には快方に向かうかのように吠えたそうです。翌日お誕生日にはレストランでケーキも食べる事が出来て飼い主さんご夫婦と幸せな時間を過ごしました。

本当に良くなってきたと私を含めて誰もが思いました。

その帰り道、突然力無く倒れ込み飼い主さんの腕の中で幸せの中安らかに旅立ったとの事でした。

自由へのよろこび愛、素晴らしい感覚に包まれましたが、突然の出来事です。きっと良くなるという希望も見えましたから、余りに急変したショックと悲しみに包まれました。

圧倒されるような愛の世界、重い肉体からの自由、生命の輝きを目の前に感じて、恐れや陰鬱さ悲しみそう言った感情は幻想界である自我の感覚そのものなのだと気づかせて頂きました。とは言えそういった思いは自然な思いで封じ込めるものでは決してありません。

 

以下は思った事をずいぶん前に書いたものです(諦め死を選択してしまう状態と本来の生命力の違い体験メールは1番下)

まとまりの無い長文ですが、お申込みの方は最後までお読み下さると何か気づきになるかも知れません。

〜重い病の方やご高齢の方のセッション後の旅立ちについて✨ひとつの考え方〜

今までわかっているつもりでいましたが、今朝はっきりとセッションで本当にあっという間に旅立ってしまう方がおられる理由に気づきました。

寝たきりや、痴呆、病気になって亡くなっていくのは神の一部である人間の真の姿ではなく、人間がありのままの自分を否定した恐れの世界の延長だと気づきました。

それが普通になっている世界ではありますが、セッションではその方の本来の姿である愛の光の姿をみていますので、そこに光が当たります。

病を作ってしまった私たちにも無限の愛はそそがれています。

今までセッションでご病気の方が長く患わず、あっという間に旅立ってしまう事が多々あり神のみの知る事と葛藤せずに手放してはいました。

しかし今はっきりと気づいたのです。

その方の本当の神の姿に光が当たる事で幻想が消え、ある段階自由になるのです。

結果として重い肉体を脱ぎ捨て光の方に旅立つ方もおられるという事です。

溜め込んだものから自由になり、本来の生命力を少しずつ取り戻す方もおられます。

ご高齢の方で寝たきりの方や重い病の方はあまりに重すぎる肉体を脱ぎ捨て自由になる事が多いのです。

諦め死を選択する許可もご本人が与える事もございます。

それは自分は年だから、重病だからもうだめだと思うのは大人です。子供はそう言った自我の声があまりありませんから復活する事が大人よりも多い気がします。

✨肉体を離れる場合も回復に向かう場合も同じく本来の姿に戻る旅の軌道に乗ったのです✨

 

重くなり過ぎた肉体を脱ぎ捨てる選択をするか、まだ肉体も共に気づきの旅が出来るかの違いで、同じ様にその方の無限の愛の光に癒されたのです。

どの様な形になろうとも私は祝福します。

セッション後に肉体を離れ旅立つという事になっても神は「間違いは何もなく完全ですよ」と仰っているかの様な晴々とした気持ち圧倒する愛、祝福、明るさに包まれます。

肉体は脱ぎ捨てようと死はなく、ある段階の気づきのステージに引き上げられた事には変わりがないのです。

私は神に死の先の世界を体験させられた事があります。

そこには裁きも何もなくただ私たちの中の純粋な愛のみが宇宙であり私たちはそのすべてでした。

肉体を脱ぐ事で幻想を長く引きずり苦しむ必要がなくなる事も神の恩恵なのだと思います。

気づきの軌道に乗ってもまた妄想を作り続ければ病などの不具合は再び生じます。

肉体を持ちながら、本当の意味での死を私たちは生きていました。

自分の内にある本当の愛の自分と離れてしまって恐れに基づく自我そのもので頑張って生きてきました。

いつも恐れてなにかしないと病気になるとか、欠如の眼鏡で自分の事も周りの事もみてきました。

今この世界では、ますます病気は当たり前の世界となり情報も溢れています。

自我は病気になって死ぬのは当たり前2人に1人は癌の時代!だからあれもしてこれもして守らなければと躍起になっています。

見るものにも責任があります。

家族も力無い見た目のその人をみて、あなたは力無いと現実に刷り込んでしまっています。

この話は現実を見ていない夢物語を語っている逃避や抵抗ではありません。

今の病んでいるかの様な現実のその方に自分の中の恐れを投影しないことです。

あなたは寝たきりの家族をみて人間は寝たきりになったり痴呆になったりして死んでいくものだと恐れています。

ペットの病を視て自我は恐れています。

動物は使えなくなった肉体は脱ぎ捨て次の世界に移行します。

本来長患いはしません。

病だけでなく他の事でもそうです。周りの人もその人の現実に参加して現実を動かないものにしています。

その方だけの責任ではありません。
戦争も犯罪もそうです。その国その人だけの問題ではなく普段の私たちの思考もその幻想をつくっています。

他人だけではく自分自身を批判したり裁いたり死に追いやっています。

見える姿を越えた真の姿をみて下さい。人間の弱さや自分勝手な自我をも包み込む愛の姿が見えるのです。
これは心を患った方や悩みを抱えた人にも助けになります。

私たちは自分自身や周りの人々の恐れに基づく見た目のその人を見る代わりに、それも許容し力強さや豊かさ優しさ愛と平和、どこまでも清らかな神の特質とともに見ることができます。

見方すべてをあたたかい愛に変えて世の中を自分自身を見て下さい。

そして周りの人々にありのままの自分で完全だと思い出させて下さい。

それは自我には出来ません。その為に内なる神と共に✨変わらずそれだけお伝えしています。

その愛を感じる事が出来たなら、もう決して神の家から出たいとは思わない事でしょう。

〜〜〜

以下は頂いたメールです✨
《遠隔セッション》

(セッション後に頂いたメール)
先ほどはありがとうございました。
本当におかしくなりそうだったけど正常に戻りました。
精神病ってこうなってなるんだなぁって感じた直前でした。
もうちょっと頑張ってみます。

すめみま…

自我で必死に頑張らないで下さい。妄想の中をいくら掻き回しても出口はありません。神へバトンを渡して下さいね。

(精神がこの様な時はセッションの助けをかりる事をお勧め致します。時間が経つとおかしくなった自己が現実となり固定してしまいます。そうすると難しいです。)

〜〜〜

お元気になられた体験談もご紹介致します✨(追伸..半年後安らかに旅立たれました)

《日時指定なし遠隔セッション》
80代 脳梗塞で半身不随、長期車椅子介護生活後に寝たきりになりご入院

(お申込みメール✨お申込み者 孫)

すめみまさん、こんにちわ✨😀✨
今日はわたしでなく祖母のセッションをお願いします👵🏻

すめみまさんのセッションを受けてバラバラだったパズルのピースがちゃんともとの場所に整頓されてきました👩‍👩‍👦‍👦
わたしはみんなと仲良く繋がりたいそうゆう気持ちが強くなってきました💕

あれから実家にもどりまだ気を使ってますがすごく両親と上手くいっています。

話しているうちに何年も入院している祖母の話題が出ましたが、小さい時は一緒に住んでいたのに自分のことばかりで存在すら忘れていました。😢〜略

先週父がいく時に私もついて行きました。病室に入るとわたしの知らない人がいました😨悲しい事にそう見えました💧

祖母もわたしが誰だかわかりませんでした。
瘦せ細りまるで死んでいるように見えました。
何度も名前を言ってやっとおもいだしたかのように一言Aちゃんといいました。

すめみまさん!正直に言います。
祖母に対して何も感じませんでした。ただ目も何もかも怖かったです。😱
こうやって人間は死んでいくのかと思うと本当に怖くて早く楽しい自分に戻りたく病室をでました。
〜略
そんなに長く生きられないと思います。少しでも祖母が癒されて旅立ってくれたらと思います。
よろしくお願いしますす♡❁.*⋆✧°💕
(セッション後に頂いたメール)
セッションを受けて1ヶ月位たって祖母が変わったかどうかお見舞いにいきました。スミマセン😅
そうしたら想像以上の変化で驚きました。
祖母はわたしをみて起き上がりAちゃんとわたしの名前をはっきり呼びなんだか元気になったありがとうと言いました。
母が看護師さんに聞くと食欲も出て生気が戻ったと嬉しそうに話していました。
祖母は「頑張って生きなくっちゃね!」と別人のように言いました。💪
わたしは昔の祖母が戻ってきたようで温かい気持ちになりました✨自分の事ばかりに追われていないで時々顔を出そうと思いました。
〜省略
すめみまさん、あたたかさを少しづつ広げていける事に感謝です!いつもありがとうございます♡❁.*⋆✧°😍
すめみまより…生命力は愛に他ならないのです。Aちゃんの愛がおばあさまに届いたのですね✨

完全性の中にただ在る✨
すめみま🌟
sumemima.com