運命を超えた自己創造へ

今日は「真中神」と「真我霊」の言葉、言霊について書かせて頂きました。

〈読み方〉

真中神(まなかみ)(まなかがみ)

真我霊(まがたま)

先日セッションで、「真中神と真我霊は山本先生のハイヤーセルフの名前ですか?」とご質問を頂きました。

最初に申し上げると違います。🔸🔹の違いは以下の通りです。

🔸「真中神」と「真我霊」は神我、高次の自己、内なる神、内在神と同様にハイヤーセルフを指す呼び名です。

🔹個人のハイヤーセルフの呼び名は自分で呼びやすい名を付けたり、自分でハイヤーセルフから受け取った呼び名です。例えば「すめみま」は私のハイヤーセルフの呼び名です。(プロフィール参照)みなさんも「天女さん」とか色々な名前を付けた方もおられると思います。それは個人限定のハイヤーセルフの呼び名です。

◯真中神と真我霊は、ハイヤーセルフを指す和語、大和言葉、言霊の力、ハイヤーセルフの特性を含む意味のある言葉、このように考えている時に降りてきた言葉となります。

◯「真中神」や「真我霊」という神が独自に存在するわけではございません。ハイヤーセルフをあらわす私たち独自の言葉です。

◯これから私たちはこちらの名前を使いますが、みなさんはハイヤーセルフや真我など何でも自分がしっくりくる言葉を使うと良いと思います。

8D258465-87FA-4552-A8B7-7B8D7DE4966D

《真中神と真我霊とした経緯について》

私のセッションを使って下さる山本先生の会社名やセミナー名が日本語で日本の心を伝えるという事もあり、ハイヤーセルフも日本の言葉で表しましょうという事となりました。

私は神我を使っていたのもあり、神我が分かりやすいと思いましたが、大和言葉を大切になさる山本先生は、神我では強いのではという事で幾つか考える事となりました。(大和言葉は優しさや柔らかさを大切にします)

頭で考えた言葉とは別に、突然2つの言葉が降りてきました。

山本先生も気に入ってくださり下の言葉を使う事に致しました。

真中神(まなかがみ)(まなかみ)

真我霊(まがたま)です。

山本先生からは「ハイヤーセルフの陰の面と陽の面という感じでどちらも使いたいと仰って頂きました。

心の内側に意識を向ける時は、真我霊

頭の上、宇宙に意識を向ける時は、真中神

そう考えるとワクワクするとも仰って頂きました❣️

神我は陰陽統合の自分ですが、言葉を分けると分かりやすいですね。

真中神は外、宇宙、根源、神

真我霊は内、ミクロ、魂、内なる神

そんな感じでしょうか、、真中神も真我霊も宇宙意識そのものでもあります。ただ物質世界に合わせて分けて理解出来る様にしています。純粋な気づきの場、宇宙は一つの意識しかないという悟りの状態でもあります。

☀️真我霊(まがたま)

『真我霊は自分自身を深く知る、自分の内に深く入り魂そして神と出逢う言霊です。』

〈真我霊からの気づき〉

自分を宇宙の片隅に追いやる様に無視して、神社仏閣の神仏に頼る人が多いと思います。自分自身と本当に仲良くなる事を真我霊は教えてくれます。これはまさしく外にパワーを明け渡すのではなく自分自身を生きる事です。自分が最強の味方であり理解者ですから自分自身とよく会話して自分を信頼して愛することが大切です。

自分とは、大いなる源の神が自ら個としての体験をしたい、その発動が創造の花火となって生み出されたのだと思います。その私たちが愛そのものでないはずがありません。愛そのものだからそれが分かるとも言えます。人間の細胞も何十兆個と言われていますが、すべて創造の法則の中、源の神の愛で出来ています。それだけでもありがたく他に依存して自分の心を愛で埋めようとしたり、自分を嘆いたり粗末に扱ったり出来ないのではないでしょうか。他から埋めなければならないものなどないのです。ハートからそして細胞全体から愛が滲み出るような感覚に包まれました。真我霊は、自分はすでに満たされて愛そのもので完全だと知っているのです。自分を愛し尊重する生き方をすると、不思議と他人に対してもどんな生き方でも、それを尊重する事が出来る様になるのです。

私は武道などでの肉体の真ん中感覚の場、仙骨から腹辺りが肉体の真ん中意識良好で、腹が座り安定する為にそこを意識しています。インドでも仙骨を神の場としているものもあるようです。その光の玉をハート、眉間まで広げてみたりしています。自分のカラダの内側のどこが内なる神を感じやすいか、ご自分の感覚に従うと良いと思います。

〈霊という漢字について〉

真我霊が降りてきた時に、一瞬真我魂かな?と思いました。それはエネルギーがをも含む神我だったからです。

しかしよくよく尋ねると、霊の文字でやってきました。

霊という字に抵抗がある方もおられるかも知れませんが、神も神霊ですし、私達も霊人です。すべては大霊からの分御霊で霊から出来ているのです。霊の意味には精神、心や魂の意味の他にも神、命、善などとてもよい意味を持ちます(下に記載)

☀️真中神(まなかがみ)は神の自分自身です。

真中神、真我霊、名前を分ける事となりましたが、内も外も一つの神です。大いなる源の神は宇宙に満ち満ちるすべてであり愛ですが、私たちは記憶を失い目隠しをされた状態でこの世に生まれてきます。大いなる源の神の雛型とも言える真中神と真我霊を、自分が誰だか分からなくならない様に、道に迷わない様に私たちの中に隠されたのだと感じます。

心の奥の岩戸を開き、本来の神をあらわし、太陽の如くこの世を照らし地上で高天原を生きること

天照大神の天岩戸開きとはこの事だと思います。

|

真ん中意識は神我から来ています。

宇宙根源の神と言われる天之御中主神も天の中の神と書きます。

真ん中は陰陽の統合、中立、中庸、自由自在の状態、安心大調和の状態、統合、など 

因みに巫女凛の巫は男女を挟んで天地が中立な柱で繋がっている真ん中意識です。左右は陰陽男性性、女性性を表します。誰もが本来このように調和の宇宙を形成しています。凛は感情に振り回されない意味で、巫女凛は友にあだ名として付けてもらったものです。

こちらもご覧下さい↓ 『真ん中意識✨真中神』http://sumemima.com/?p=15409

🔺”まなかがみは後で気づいたのですが愛鏡とも書くことができます。

“まなかみ”は愛神です。

神我の頭上ポイントの光の球体が鏡の様でもあります。中真(中心)中立な意識で世界を映しだすのが真中神です。真中神は、自分の映し出す世界を中立に見る事が出来る。そういった意味のパワーを持つ呼び名と感じます(呼び方は、まなかみ、まなかがみ、どちらでも)

🔺真我霊も真我の霊と書きます。まがたまと読むのも偶然とは思えません。勾玉は胎児の様であり魂の様でもあります。

二つ共考えて出たものではないのですが、三種の神器の2つが揃ったとも取る事が出来ます。

🔺もう1つの神器、草薙剣これは魂を穢さない様に守る為に、神から頂いた神が示す事の気づきである「理解力」とそれを実行し守る「意志力かも知れませんね。

9BA6B94C-3017-4D5E-ADC5-D4AB2B5159F9

〈山本先生が主催されるセミナー名について〉

セミナー名は幾つかご相談されましたが、その中のあまとわのエネルギーが一番素晴らしくこちらを推させて頂きました。

言霊の響きは、愛のハーモニーを奏でながらその輪の波紋が宇宙無限にどこまでも優しいけれど影響を与えつつ広がっていく

女神のようなエネルギー

和をもって貴しとなすという言葉が浮かびます。

(山本先生説明)

あまとわ、は大和言葉を繋げた造語です。

あ、は開ける、明ける

ま、は時間、空間、真実

と、は統合

わ、は和、輪

天と和する

という意味にもなります。

|

忘れてはならない日本人の美しい心、感性について私も心から応援したいと思いました。

*素晴らしいセミナーをこの時だけの想いで終わらせては勿体ないです。自分自身である神と共に自分を愛し、命を一瞬一瞬丁寧に生きる事を広げていけたらと思います。

私は真中神、真我霊と繋がる部分と本来の自分自身を生きる事をエネルギーからバックアップさせて頂いております。

私の真我霊は、本当に苦しむ方の神との繋がりの助けとなりたい、そういった気持ちがあります。その為、人生のお悩み体調不良など普通のご相談も歓迎いたします(*治療師ではありません)

今日もお心を寄せて下さりぁㇼゕ̎¨ぃまั︎◡︎ั︎⃛︎*巫女凛💞

写真だいぶ前に描いたものが出てきました🎶

禍転じて福となすとてもすてきな言葉です。眼力招福ネコちゃん、みなさまのご多幸をお祈り申し上げます✨

|

|

霊 靈 意味


①「たま、(死者含む)たましい」

たましいとは、生きものの体の中に

  宿って、心の働きを取り扱うものの

  事を言います。

②「心」、「心の働き」

③「本当の気持ち」

④「命」、「寿命(命の長さ)

⑤「神」

⑥「神秘(不思議)な力」

⑦「(行為が)善い」、「優れている」

⑧「幸せ」

⑨「かわいがって大事にする事」

⑩「明らか」

⑪「巫女(みこ)(日本の神に仕える女性)

開く

年末の大掃除に

成り立ち

会意兼形声文字です(+)

「雲から雨がしたたり落ちる」象形

と「口」の象形と「神を祭るとばり

(区切り)の中で人が両手で祭具を

ささげる」象形から、祈りの言葉を

並べて雨ごいする巫女を意味し、

そこから、「神の心」、「巫女」を

意味する「霊」という漢字が成り立ち

ました。

「霊」は「靈」の略字です。

「靈」は「霊」の旧字(以前に使われ

 ていた)です。

2023.1.3