運命を超えた自己創造へ

重い病の方やご高齢の方のセッションお申込みのご理解の助けや死についてのひとつの考え方について✨

 

今までわかっているつもりでいましたが、今朝はっきりとセッションで本当にあっという間に旅立ってしまう方がおられる理由に気づきました。

寝たきりや、痴呆、病気になって亡くなっていくのは神の一部である人間の真の姿ではなく人間がありのままの自分を否定した恐れの世界の延長です。

それが普通になっている世界ではありますが、セッションではその方の本来の姿である本当の自分の愛の光の姿をみていますのでそこに光が当たります。

病を作ってしまった私たちにも無限の愛はそそがれますが、本来の姿をその時示している事になります。

今までセッションでご病気の方が長く患わず、あっという間に旅立ってしまう事が多々あり神のみの知る事と葛藤せずに手放してはいました。

しかし今はっきりと気づいたのです。

その方の本当の神の姿に光が当たる事で幻想が消えるのです。

結果として光の方に旅立つ方もおられるという事です。

もちろん本来の生命力を少しずつ取り戻す方もおられます。(この記事の一番下の体験談をご覧下さい)

 

✨肉体を離れる場合も回復に向かう場合も同じく本来の姿に戻る旅の軌道に乗ったのです✨

(今すぐに良いも悪いもなくありのままのあなたを許容する事で旅は必要なくなるのです。)

 

重くなり過ぎた肉体を脱ぎ捨てる選択をするか、まだ肉体も共に気づきの旅が出来るかの違いで、同じ様にその方の無限の愛の光に癒されたのです。

肉体は脱ぎ捨てようと死はなくある段階の気づきのステージに引き上げられた事には変わりがないのです。

 

私は仮想現実で死を体験させられました。そこには裁きも何もなくただ私たちの中の純粋な愛のみが宇宙であり私たちはそのすべてでした。

 

肉体を脱ぐ事で幻想を長く引きずり苦しむ必要がなくなる事も神の恩恵かも知れません。

 

気づきの軌道に乗ってもまた妄想を作り続ければ病などの不具合は再び生じます。

 

本当の意味での死を私たちは生きていました。

自分の内にある本当の愛の自分と離れてしまって恐れに基づく自我そのもので頑張って生きてきました。

あたたかい愛と共に生きる事は生命力そのものです。
小さな囚われた自我だけで生きる事は死であり妄想が作り上げた世界です。

 
以前書いたのですが、今また当時を思い出しました。

飼っていたネコのゴマは、捨て猫でした。
その為いつも怯えストレスの中にいたのでよく血尿をしました。

元々神経質だったせいもありそのうち病気になり立てなくなりました。

もうダメかと思いましたが解放で健康な現実を視る事をするとすっかり良くなったかの様に元気になりました。

しかし半年後にまた同じ症状になりました。

寝たきりで垂れ流しのゴマの現実を見ることをやめました。これ以上頑張る現実に変えるのは辛すぎたのです。そしてただ神のゴマを見ることを選択しました。

飼い主や家族は愛情からどの様な姿であっても生きていて欲しいと思ったりしますが、果たして純粋な愛の目でみているのでしょうか?

家族同様のペットがこの世から消えてしまう事への自分自身の恐れをペットに投影しているのかも知れません。

孤独を埋めてくれる者がいなくなる事への恐れでスムーズに逝くのを引き止めているのかも知れません。

次の日鳴くことも出来なかったゴマは、お別れの声をニャーと3度高々とあげてあっという間に旅立ちました。

ネコの世界のお迎えがきました。人間と変わらず圧倒的な愛の世界が押し寄せあっという間にゴマを包み込み消えていきました。
人間のように抵抗しませんから速やかにその黄金の愛のみのエネルギーに包まれ溶け込んでいきました。

 

 

私たちは自我の恐れを長く生きています。

その為に色々な本来ない症状も生きなければなりません。恐れの現れだからです。

でもそれを当たり前として無力に受け取り選んでよいのでしょうか?

今この世界では、ますます病気は当たり前の世界となり情報も溢れています。

自我は病気になって死ぬのは当たり前2人に1人は癌の時代!だからあれもしてこれもして守らなければと躍起になっています。

見るものにも責任があります。

家族も見た目の力無いその人をみています。

この話は現実を見ていない夢物語を語っている逃避や抵抗ではありません。

今の現実のその方も温かく受け入れますが、そこに自分の中の恐れを投影しないことです。

あなたは寝たきりの家族をみて人間は寝たきりになったり痴呆になったりして死んでいくものだと恐れています。

ペットの病を視て自我は恐れています。

動物は使えなくなった肉体は脱ぎ捨て次の世界に移行します。

本来長患いはしません。

これは肉体の死かも知れませんが本当の死ではなく移行ですあり生命の輝きに変わりはありません。

周りの人もその人の現実に参加して現実を動かないものにしています。

その方だけの責任ではありません。
戦争も犯罪もそうです。その国その人だけの問題ではなく私たちの思考も助けてその幻想をつくっています。

 

その方の見える姿を越えた真の姿をみて下さい。人間の弱さや自分勝手な自我をも包み込む愛の姿が見えるのです。
これは心を患った方や悩みを抱えた人にも助けになります。

私たちは自分自身や周りの人々の恐れに基づく自我を見る代わりに、それも許容し力強さや豊かさ優しさ愛と平和、どこまでも清らかな神の特質とともに見ることができます。

 

見方すべてをあたたかい愛に変えて世の中を自分自身を見て下さい。

そしめ周りの人々にありのままの自分で完全だと思い出させて下さい✨

 

〜〜〜

以下は頂いたメールです✨
《遠隔セッション》

 

(セッション後に頂いたメール)
先ほどはありがとうございました。
本当におかしくなりそうだったけど正常に戻りました。
精神病ってこうなってなるんだなぁって感じた直前でした。
もうちょっと頑張ってみます。

 

 

すめみま…

自我で必死に頑張らないで下さい。妄想の中をいくら掻き回しても出口はありません。神へバトンを渡して下さいね。

(精神がこの様な時はセッションの助けをかりる事をお勧め致します。時間が経つとおかしくなった自己が現実となり固定してしまいます。そうすると難しいです。)

〜〜〜

お元気になられた体験談もご紹介致します✨

 

《日時指定なし遠隔セッション》
80代 脳梗塞で半身不随、長期車椅子介護生活後に寝たきりになりご入院

 

(お申込みメール✨お申込み者 孫)

すめみまさん、こんにちわ✨😀✨
今日はわたしでなく祖母のセッションをお願いします👵🏻

すめみまさんのセッションを受けてバラバラだったパズルのピースがちゃんともとの場所に整頓されてきました👩‍👩‍👦‍👦
わたしはみんなと仲良く繋がりたいそうゆう気持ちが強くなってきました💕

あれから実家にもどりまだ気を使ってますがすごく両親と上手くいっています。

話しているうちに何年も入院している祖母の話題が出ましたが、小さい時は一緒に住んでいたのに自分のことばかりで存在すら忘れていました。😢〜略

先週父がいく時に私もついて行きました。病室に入るとわたしの知らない人がいました😨悲しい事にそう見えました💧

祖母もわたしが誰だかわかりませんでした。
瘦せ細りまるで死んでいるように見えました。
何度も名前を言ってやっとおもいだしたかのように一言Aちゃんといいました。

すめみまさん!正直に言います。
祖母に対して何も感じませんでした。ただ目も何もかも怖かったです。😱
こうやって人間は死んでいくのかと思うと本当に怖くて早く楽しい自分に戻りたく病室をでました。
〜略
そんなに長く生きられないと思います。少しでも祖母が癒されて旅立ってくれたらと思います。
よろしくお願いしますす♡❁.*⋆✧°💕
(セッション後に頂いたメール)
セッションを受けて1ヶ月位たって祖母が変わったかどうかお見舞いにいきました。スミマセン😅
そうしたら想像以上の変化で驚きました。
祖母はわたしをみて起き上がりAちゃんとわたしの名前をはっきり呼びなんだか元気になったありがとうと言いました。
母が看護師さんに聞くと食欲も出て生気が戻ったと嬉しそうに話していました。
祖母は「頑張って生きなくっちゃね!」と別人のように言いました。💪
わたしは昔の祖母が戻ってきたようで温かい気持ちになりました✨自分の事ばかりに追われていないで時々顔を出そうと思いました。
〜省略
すめみまさん、あたたかさを少しづつ広げていける事に感謝です!いつもありがとうございます♡❁.*⋆✧°😍
すめみまより…生命力は愛に他ならないのです。Aちゃんの愛がおばあさまに届いたのですね✨

 

完全性の中にただ在る✨
すめみま🌟
sumemima.com